スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アバター」の感想

遅まきながら「アバター」の感想を。先日のアカデミー賞で「ハートロッカー」に完敗し、3冠のみの受賞に終わった「アバター」。しかも撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3部門だそうで。ジェームズ・キャメロンさん、がっかりしただろうなぁ。「ハートロッカー」観てないけど絶対「アバター」のほうが面白いと思うんだけどなぁ。

アバター、僕は2回観にいった。1月に2Dで見て、先週3Dの方を観にいった。こんな風に書くと「2度も観にいくほどアバターにハマったのか」と思われるのだろうけど、そういうわけでは別になくて、最初、観にいったとき上映開始から50分ほど経った辺りで寝てしまったわけで…。途中、何度か目が覚めたけど、時既に遅しでストーリーは全然把握できるわけなく「人間と青い怪物がドッカンドッカン戦争している映画」という大雑把なイメージしか残らなかった。その後、糸井重里がほぼ日で「アバター」を絶賛していたり、伊集院光がラジオで「アバター」について話していた(伊集院はつまんなかったって言ってたけど)のを聞いては「ああ、寝ないでちゃんと観とけばよかったなぁ」と少し後悔していたところ、先週、友人から「アバター」の誘いを受けたので「よし行くか」と思い立ち、2度劇場まで足を運ぶことになったのでした。というわけで、以下感想。

すっごく面白かった。でも途中でまた何度か軽く寝てしまった…。その日の睡眠時間が3時間しかなかったってのが主な原因なんだけど、やっぱ長いんだよなぁ。「タイタニック」もそうだけど、もっと短くできないもんかね。まあでも映画館で映画を観る場合は上映時間が長い方が、なんだか“お得”な気がするので嫌いではないけど。

「ストーリーが単純すぎるため、結末(オチ)が勘のいい人なら早めの段階でわかってしまう」というような指摘があるようだけど、僕はこれくらいのわかりやすい内容の方が好きだなぁ。確かに、王道なパターンでメッセージ性もベタだけど、それでも良かった。ハラハラしたし、感動したし、悪役のマッチョな奴にはムカついたし、映像は凄いし、秀逸なエンターテインメント作品だった。子供でも十分楽しめるだろうな。青い生物(ナヴィという)を観ているだけでもワクワクするもの。ナヴィの大きさが絶妙で、人間の3~4倍くらいの大きさなんだけど、そんな巨体が躍動するさまはかなり迫力がある。あれを観ているだけでも楽しい。ナヴィと人間がリンク(シンクロ)とか4号機とか、ちょっと「エヴァンゲリオン」を髣髴とさせる設定も良かったな。

最後に3Dメガネについて。どうせ観るならやっぱり3Dの方が楽しめるだろうけど、3Dメガネをかけると色彩が暗くなるのはどうにかならないもんかねぇ。薄い色の入ったサングラスをかけているようでとても不快だった。ものすっごいダークトーンになっていた…。あざやかでカラフルであろう壮大な自然の映像もモノクロみたいだったもの。僕のかけているメガネだけが不良品なのかとも思ったのだが、どうやらそういう仕様らしい。これなら2Dの方がまだ良いような気もする。3Dといってもたいして3Dじゃなかったし。最初は立体感に多少は驚いたけど時間が経つにつれ、さらに“馴れ”も手伝い3Dの感覚が麻痺してしまい、「う~ん」って感じだった。ってか一番3Dになっていたのは字幕の文字だったな。あと上映前の3Dメガネの説明VTRで飛び出してきた蜂ね。字幕と蜂が最も3D化されてた。あと、僕はメガネをかけているのでその上からさらに3Dメガネをかけるのがちょっと恥ずかしかった。メガネ着用の人は「アバター」のチケットを購入した際にメガネの上から3Dメガネがちゃんとかけられるか確認させられるのだけどさ…後ろにたくさん人が並んでいる前でメガネon3Dメガネをさせられるっていうのもねぇ。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析