スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90年代邦楽ベストディスク50

とあるブログで「90年代邦楽ベストディスク50」というのをやっていた。面白そうなので僕もやってみよう。

―Q1 「ベストディスク50」で聴いたものに○、聴いてないものに×をつけてください。

×仲井戸麗市「絵」(90・2・21)   ( )はリリース年月日
○フリッパーズ・ギター「カメラ・トーク」(90・6・6)
×エレファントカシマシ「生活」(90・9・1)
○尾崎豊「誕生」(90・11・15)
○岡村靖幸「家庭教師」(90・11・16)
×真島昌利「HAPPY SONGS」(91・4・10)
○ユニコーン「ヒゲとボイン」(91・9・30)
×麗蘭「麗蘭」(91・10・30)
×ニューエスト・モデル「ユニバーサル・インベーダー」(92・2・21)
×矢野顕子「SUPER FOLK SONG」(92・6・1)
○佐野元春「Sweet 16」(92・7・22)
○ザ・ブルーハーツ「STICK OUT」(93・2・10)
×BLANKEY JET CITY「C.B.Jim」(93・2・24)
×The ピーズ「とどめをハデにくれ」(93・5・21)
×THE GROOVERS「Top Of The Parade」(93・7・24)
○小沢健二「犬は吠えるがキャラバンは進む」(93・9・29)
×カーネーション「EDO RIVER」(94・8・21)
×Mr. Children「Atomic Heart」(94・9・1)
×桑田圭祐「孤独の太陽」(94.9.23)
×忌野清志郎&仲井戸麗市「GLAD ALL OVER」(94・12・7)
×スチャダラパー「5th WHEEL 2 the COACH」(95・4・26)
×真心ブラザーズ「KING OF ROCK」(95・5・1)
×BUCK-TICK「Six/Nine」(95・5・15)
×スピッツ「ハチミツ」(95・9・20)
×Hi-STANDARD「Growing UP」(95・11・1)
×フィッシュマンズ「空中キャンプ」(96.2.1)
×サニーデイ・サービス「東京」(96・2・21)
○hide「PSYENCE」(96・9・2)
×ホフディラン「多摩川レコード」(96・12・16)
×the pillows「Please Mr. Lostman」(97・1・22)
○ザ・イエローモンキー「SICKS」(97・1・22)
×eastern youth「孤立無援の花」(97・2・25)
○中村一義「金字塔」(97.6.18)
×コーネリアス「FANTSMA」(97・9・3)
○CHARA「Junior Sweet」(97・9・21)
×堂島孝平「すてきな世界」(97・11・21)
×Baffalo Daughter「NEW ROCK」(98・1・28)
×奥田民生「股旅」(98・3・18)
×ボアダムス「SUPER ae」(98・5・25)
×CASCADE「80*60=98」(98・6・17)
○JUDY AND MARY「POP LIFE」(98・6・24)
×ゆず「ゆず一家」(98・7・23)
×スボンズ「LET IT BOMB」(98・9・19)
×thee michelle gun elephant「ギヤ・ブルーズ」(98・11・25)
×ギターウルフ「ジェットジェネレーション」(99・1・22)
○椎名林檎「無罪モラトリアム」(99・2・24)
×BUMP OF CHICKEN「FLAME VEIN」(99・3・18)
○宇多田ヒカル「First Love」(99・4・28)
×ザ・ハイロウズ「バームクーヘン」(99・6・9)
×THE MAD CAPSULE MARKETS「OSC-DIS」(99・8・25)

50のうち14か。結構聴いてるもんだな。
尾崎豊の「誕生」と岡村靖幸の「家庭教師」のリリース日って一日違いだったんだ。知らなかった。ちなみに「誕生」は2枚組みのオリジナルアルバムでオリコン1位を獲得。

―Q2 「ベストディスク50」にこれを入れろ!これと入れ替えろ!というアルバムがあれば挙げてください。

まず、この「ベストディスク50」の選別方法あるいは傾向がイマイチ掴めないのだけど、ロキノン系…ってか商業的に走らないでマジメに音楽をやっている人たちのアルバムが選ばれているような気がするので、そこら辺を考慮するとしたら、

マルコシアス・バンプ『IN KAZMIDITY』
スガシカオ『Clover』
オリジナルラブ『風の歌を聴け』
THE BOOM『思春期』
は、入っていても良いかと。

あと、90年代といえば、
X『BLUE BLOOD』
L'Arc~en~Ciel『HEART』
GLAY『pure soul』
は必須だろう。

あと、個人的な趣味から
井上陽水「ハンサム・ボーイ」
たま『さんだる』
浜田省吾『EDGE OF THE KNIFE』
ZARD『TODAY IS ANOTHER DAY』
は入れたいところ。

―Q3 90年代邦楽で、あなたの心に最も残るアルバムはなんですか?
岡村靖幸『家庭教師』でしょ。そりゃそでしょ。

―Q4 90年代邦楽で、あなたの心に最も突き刺さったフレーズ(歌詞)はなんですか?
「Bye-Bye ありがとう さようなら 愛しい恋人よ 
あんたちょっといい女だったよ その分ズルい女だね」

―Q5 ロックファンとしてのあなたにとって、90年代最も大きかった出来事はなんですか?
リアルタイムで悲しんだわけではないけどやっぱり尾崎豊の死ってことになるのかなぁ。でも最近はこう考えている。尾崎の死は悲しいけど、尾崎がもし死んでいなかったら今の僕は尾崎豊を聴いていたかどうかはわからないよな、と。嫌な言い方だけど死んで有名になった部分も大きいからね。

最後に、「ベストディスク50」とは関係ないことだけどちょっと思ったことがあるので書こ。
1983年生まれの僕にとっては、同じ90年代でも90年代前半と後半ではまったく印象が違う。というのも前半の頃はまだ小学生低学年だったのでその頃の記憶がないのだ。鬼ごっこした記憶とか友達の家でスーファミやった記憶とか「ドラゴンボール」を読んだ記憶とかはあるんだけど、いわゆるエンタメに関する記憶はまったくないのだ。95年くらいからやっと自我が芽生えて音楽を聴いたり、テレビを見たりしはじめた。だから同じ90年代でも90年代前半は僕の中では過去の話であり、過去の出来事として後から知ったものなのだ。90年代後半の音楽から急にリアルタイムで体験した出来事となる。90年代後半の音楽と自分のその頃の記憶はダイレクトにシンクロし、さまざまな記憶が蘇り、音楽が記憶のポストイットと化している。で、ふと思ったのだけど、自分の記憶と音楽がこれほどまでに親密にシンクロしてポストイット代りになっているのは90年代後半だけなのだ。2000年代以降の曲はまったく記憶を呼び起こさないのだ。なぜかはわからないけど、これって自分だけなのだろうか?みんなも同じなのかなぁ?そういう意味でも僕にとって90年代後半(青春時代)の音楽はとても大事なものなんだなぁと、改めて再確認。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

はじめまして、ブログ主様と同い年のものです。
多感な時期を過ごした90年代ってなんか色々と濃厚で異質?でしたよね。笑
小学校を卒業した96年あたり?から周りの雰囲気が変わったような感じがします。

主様と同じで90年代のJPOPは凄く鮮明に記憶が蘇ったり、うれしかったり懐かしい気分になるのですが、00年以降はあまりそういうのはないですね。。
00年代はカルチャー含めなんの変化も感じなかったっていうのが個人的な感想です。。

あ、スピッツのハチミツは是非聴いてみてください。
捨て曲なしの名盤ですよ♪
Posted at 2012.08.25 (02:19) by こん (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析