スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証言構成 ミステリアスな彼について、思うことがある――靖幸のこと

月刊カドカワ 1992年10月号 VOL.10 NO.10

表紙 総力特集 最初で最後の永久保存版
岡村靖幸  やさしく愛して

● INDEX
P20~P21
 総力特集 やさしく愛して 
P22~P31 
スピリチュアル・メッセージ どんなことして欲しいの、ぼくに
P32~P37
コンプリート・ヒストリー さまよう青春
P38~P41
証言構成 ミステリアスな彼について、思うことがある――靖幸のこと

P42~P47
本人自身による全アルバム解説
P48~P50
本人自身によるニュー・アルバム遅延経過報告
P51~P58
イケナイコトカイ(カラーグラビアのため掲載予定無し)
P59~P77
実物大 岡村靖幸  図と解説 江口寿史(写真と江口氏によるイラストのため掲載予定無し)
P78~P79 
最終家庭教師 江口寿史(江口氏による漫画のため掲載予定無し)
P80~P89
精神講座 創ることと魅せること





P38~P41
証言構成 ミステリアスな彼について、思うことがある―――靖幸のこと


自分の才能を信じきってる。 田中美奈子(女優・歌手)
m_tanaka.jpeg
 NHKの「ジャスト・ポップ・アップ」という番組で私が司会をやっていた時、岡村さんがゲストで来られたんです。その時のインパクトがあまりにも強くて。まず髪型が、“ベルサイユのばら”のようなたてロールで、びっくりしました。その番組のなかでいろんなミュージシャンの方が自分の好きな曲を演奏してくれるコーナーがあったんですけど、その時、岡村さんが「スウィート・メモリーズ」を弾き語りしてくれました。独特のフェイクとパフォーマンスに魅了されて、「この人の曲を聴いてみたい」と思ったのがはじまりです。他のアーティストとは違うぞって、その時、本当に思いましたね。
 曲はどれもGOOD。作詞、作曲、アレンジ、すべてこなして、しかも表現力が豊か。岡村靖幸の魅力は、ずばり、自分の才能を信じきっているところです。好きですね。あれ以上、彼に求めるとしたら、いったいどんな才能でしょうね?



せつないな。  奥田民生(ミュージシャン)
t_okuda.jpeg
 誰かが教えてくれたんですね。これいいよって、テープくれた。『DATE』だったと思いますが。初めて聴いて、おもしろいというかセクシーというか「僕にはないな」と(笑)。そして、せつないなあ、と。
 ヘンな日本語だけど(笑)、リズムやメロディーに載せる言葉の使い方――その載っけ方がとてもうまいと思いましたね。曲もいい。「だいすき」はだいすき。
 ライヴは見たことないんです、残念ながら。でもテレビで歌ってるのを見たら、息切れしてた。だいじょうぶなのかなあ。
 ふつうの会話してどういう人なのかみてみたいです。でも会ったとしても、何を話したらいいのかわからないな。話しかけづらい雰囲気を持っていても話すと実はふつう、という人だとしたら・・・・・・それは僕と似ています(笑)。
岡村さんも僕も‘65年生まれ。同い年で才能ある人がいるって、うれしいですよね。よきライバルでありたいなあと思います。



「ちょいとひと踊り」の精神を忘れずにいてください。    小山田圭吾(ミュージシャン) 
k_oyamada.jpg
 靖幸? 俺の知ってる靖幸はね・・・・・・(笑)ちょっと俺、靖幸のことほとんど知らないんですけど・・・・・・以前TVの「ジャスト・ポップ・アップ」で一緒になったことぐらいかな。その時にしても会話らしい会話も交わしていませんし。挨拶はさせていただきました。一応僕も礼節を重んじるタイプなんで。ホント、挨拶だけなんですけど、ただ、いきなり・・・・・・何かカメラ・テストみたいなものをやっていたんですけど・・・・・・いやもうキメまくって「アォ!!」とかってやってた姿が、僕のなかの唯一の靖幸のイメージなんですけど・・・・・・それしか本当に・・・・・・あ、あとそうだ、リハーサルか本番か忘れましたけど、小さいキーボードみたいなものを持ってきて「スウィート・メモリーズ」をうたいますって、うたってたのも覚えてます。強烈なインパクトでしたね。とにかく、これからも、いつまでも「ちょいとひと踊り」の精神を忘れずにいてほしいですね。なんて。ねぇ、靖幸。



ごくふつうの、 ファンでいさせて   仙道敦子(女優)
n_sendou.jpg
 三年ほど前、私がやっていたラジオ番組で曲をかけさせてもらったのが岡村さんの音楽との最初の出会いです。番組の担当ディレクターさんの、大のお気に入りで。初めて聴いて、「すごいな、これ、何だろう!」って思いましたね。友達から岡村さんの話は聞いていたけれど、こんなにも、楽しい音楽を作る人だなんて。聴くだけで、どこかに遊びに行ったような気分になれる音楽。ライヴにも行きましたが、体全体で、自分を表現することにおいて天才的だと、本当に思いましたね。なかなかライヴには行けないんですけど、アルバムに彼の色、匂い、ぎっしり詰まっているから、耳で聴くだけでもかなり満足させてもらってます。
 私、岡村さんに対しては、すごいミーハーなんですよ。めったにそういうふうにはならないんですけど。岡村さんの音楽で私はすごく素直な気持ちになれる。岡村靖幸という人間の存在に現実味がないほど、ファンです。



抱きしめたい。    浜崎貴司(ミュージシャン)
t_hamasaki.jpeg
 岡村ちゃん、愛はうまくいってますか?
 セレクション・アルバムの『早熟』を聴いて以来、僕は岡村ちゃんのファンであり(シングル「ターザンボーイ」なんて自らレコード屋に買い求めに行ったほど)、同業者として、すごくやろうとしていることがわかるっていうのかな、共有できるものがあると、想いを寄せています。
 中野サンプラザでのライヴ「家庭教師」では、パルコ劇場の時よりさらにダンスがうまくなっていましたね。やっぱり岡村靖幸はDANCEさ! かといってアルバム一枚のなかであれだけ自分の世界を完璧に出しきれているのもすごいことで。
 きっと僕はこれからも岡村ちゃんのライヴに足を運ぶことでしょう。あのバラードの弾き語りを聴きに。すごく好きな世界だから、僕はその逞しい肉体を抱きしめたくなる。
 今度、女の話をしましょう。エロ話を、岡村ちゃんと思いきりしたい。



客観的に自分を捉えてる人。   根本敬(漫画家)
t_nemoto.jpg
 友達の車のなかでアルバム『靖幸』を聴いたのが最初かなぁ。「聖書(バイブル)」の♪同級生だし~~背が179!! のくだりに心をもっていかれて以来、のめり込んでる。アルバムは全部持ってますよ。耳で聴いた時の歌詞と本当の歌詞が全然違うんでどれも感心させられます。熱狂的なファンが自分の周りに多いんですよ。岡村靖幸のファンってバランスよくいたる所にいるんじゃなくて、いる場所には固まっているじゃないですか。そういうヤツからヴィデオを借りて歌ってる姿を観たことがあるんですが、なんか雰囲気が変ですよね。けど、彼の根本的なところには破綻のないすごく常識的な部分があって、ちゃんと客観的に自分を捉えてる人だと思います。でも、音楽とかものを創っていくと、どんどん変だって言われる方向にいってしまう。それは彼の性質だと思うんだけど、変な部分と常識的な部分の距離感を自分でうまくコントロールできているのが、岡村靖幸じゃないかなぁ。



真面目に生きてる人の歌。   槇原敬之(ミュージシャン)
n_makihara.jpg
僕がまだ非常に多感な頃は、岡村さんの音楽は僕にはとても信じがたい世界でどっちかというと毛嫌いしていたんです。でも、ある日突然、わかっちゃったんです、これが。わかったっていうと生意気かもしれないけど、ものすごく僕の気持ちにしみてきた時があって、“あー、この人はただのエッチな歌を歌ってるんじゃないんだ。エッチな歌を歌ってるようにみせかけて実はすごく大切なことをたくさん歌っているんだ”ってことに気づいたんです。それから僕は岡村さんのものまねもできるほどのファンです。岡村さんは嫌がるかもしれないけど、僕が歌いたいと思っている、男の子の本当の気持ちが岡村さんの歌のなかにはいっぱいつまってます。彼が作る歌はただの軟派野郎の歌じゃなくて、すごく真面目に生きている人の歌だと思います。いまの世の中、真面目に生きてたらきっとああいう歌になってしまうんじゃないかなぁ。岡村さん、早くアルバム出して下さいね。



若き岡村の悩み。   安藤秀樹(ミュージシャン)
h_andou.jpeg
まだお互いに、デビュー前のことである。彼は会うたびに口ぐせのように“恋してる?”“デートしてる?”“ときめいてる?”こうかましてくるのである。片手には中学時代勉強しなかったからと言って、古い歴史の教科書を持ち歩いていた。
 調べあげて知っていることにはうるさくて、こっちが知らないとわめくように自慢するのである。そんな彼も、友人のふりかどうかは知らないが、数少ない友達の一人として認めていてくれていたのは確かだった。
 真夜中の時間を気にしない電話やタイミングの悪い電話も、彼の寂しげな魅力ある声についつい長電話になってしまった。
 そう、彼は飢えていたのだ、女、名声、金、友、すべてにだ。いずれそれら全てを、そのいやらしい手につかんだとしても、飢えた魂は失わないでほしい。彼の歌、ギターいや音楽には魂が入っているのです。そう自分で言ってました。(すばらしき友より)



欲張りな人だなあ。   CHARA(ミュージシャン)
chara.jpeg
 初めて見たのはEPICソニーのエレベーターのなか。眉間に皺をよせている人がいて、その人が岡村さんだった。アルバムとしては『家庭教師』を聴いておもしろいなあと思って、そこから遡って聴いてます。「カルアミルク」で“バーボンソーダを飲んでるけどこんなのおいしくない”みたいな詞があって、昔、好きな人が同じことを言っていたから、ヤベ、ヤラレタってカンジ。岡村さんの詞って男の独り言ってところがあるでしょう。私も女の独り言を詞にしてて、デビューの頃、女・岡村と呼ばれたのはそんなところかなって気がします。ライヴはパルコ劇場のに行ったのですが、心の底から笑いました。ただ、エネルギー、パフォーマンス力がすごくある。笑いからアーティスティックな部分まで全部できる貴重な人。男のエロティシズムを表現できる数少ない人ですね。あと、ピアノもギターも弾くall instrumentで、歌って踊って、欲張りな人だなあと思いますね。


文字起こし人:紅林




■田中美奈子(たなか・みなこ 本名:岡田美奈子)1967年9月12
日。血液型A型。 千葉県船橋市出身。
1984年、「ミスマガジン」準グランプリ受賞。
1989年、カヴァー曲『涙の太陽』で歌手デビュー。この頃に
自分の瞳に1億円の保険を掛けて話題になった。
出演作品:「君の瞳に恋してる!」(フジテレビ/1986年)、
「同窓会」(日本テレビ/1993年)、「金田一少年の事件簿」
(1995年/日本テレビ)など。

■奥田民生(おくだ・たみお)1965年5月12日。血液型B型。広
島県広島市出身。
1987年、ユニコーンのボーカリストとしてデビュー。1993年、
ユニコーン解散。1994年からソロ活動を開始。ソロ活動の傍らPUFFY
のプロデュースや、井上陽水とユニット「井上陽水奥田民生」
など、多方面での活動が多い。2009年、ユニコーン活動再開。
代表曲:ユニコーン「大迷惑」「働く男」「すばらしい日々」
「雪が降る町」など。ソロ活動「愛のために」「イージュー★
ライダー」「さすらい」「ましまろ」など。

■小山田圭吾(おやまだ・けいご)1967年1月27日。東京都出身

1989年、フリッパーズギターのボーカル・ギターでデビュー。1991
年に解散。1993年CORNELIUS名義でソロ活動を開始。
近況:2009年9月よりYOKO ONO PLASTIC ONO BANDで活動開始。

■仙道敦子(せんどう・のぶこ 本名:緒方敦子)1969年9月28
日。血液型B型。
愛知県名古屋市出身。夫は俳優の緒方直人。
1980年、時代劇「大江戸捜査網」でデビュー。緒方直人との結
婚を機に、活動を一時休止。2003年からCMなどのナレーショ
ンで活動再開。
出演作:映画「鬼龍院花子の生涯」。ドラマ「ホットドック」
「クリスマス・イブ」「卒業」など。

■浜崎貴司(はまざき・たかし)1965年6月11日。栃木県宇都宮
市出身。
FLYING KIDSでボーカルを担当。
1989年、TBS『三宅裕司のいかすバンド天国(イカ天)』に出
演。初代グランドキングになった事がきっかけで、1990年にデ
ビュー。1998年、FLYING KIDSは解散。バンド活動と平行して
俳優・声優としての活動も目立った。
代表曲:「幸せであるように」など。

■根本敬(ねもと・たかし)1958年6月28日。東京都出身。
「因果者」「イイ顔」「電波系」「ゴミ屋敷」などといったキ
ーワードを作り出し、悪趣味系のサブカルチャーへ与えた影響
は大きい。「ガロ系」と呼ばれる日本のオルタナティブ・コミ
ックの作家の中でも、極北に位置する、もっとも過激な作風の
漫画家である。2008年、第11回みうらじゅん賞を受賞。

■槇原敬之(まきはら・のりゆき)1969年5月18日。血液型O型
。大阪府高槻市出身。
1990年「NG」でデビュー。1999年8月に覚醒剤所持で逮捕。執
行猶予付き有罪判決を受ける。2000年11月から活動再開。
代表曲:「どんなときも」「もう恋なんてしない」「世界に一
つだけの花」など多数。

■安藤秀樹(あんどう・ひでき)1960年1月22日。東京都出身。
血液型B型。
作詞家として吉川晃司や鈴木雅之などに詞を提供。
代表曲:「にくまれそうなNEWフェイス」「RAIN-DANCEがきこ
える」など。

■CHARA(ちゃら)1968年1月13日。本名は非公開。埼玉県
川口市出身。
1991年「Heaven」でデビュー。1996年、岩井俊二監督作品「ス
ワロウテイル」に主演。同作品で日本アカデミー賞優秀主演女
優賞を受賞。
代表曲:「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「やさしい
気持ち」「タイムマシーン」など多数。YEN TOWN BAND名義で
の「Swallowteil Butterfly~あいのうた~」など。

★上記のプロフィールは、月刊カドカワに掲載されているものではなく、紅林さんが制作してくれたものです。わざわざありがとうございます。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析