スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本人自身による全アルバム解説

月刊カドカワ 1992年10月号 VOL.10 NO.10

表紙 総力特集 最初で最後の永久保存版
岡村靖幸  やさしく愛して

● INDEX
P20~P21
 総力特集 やさしく愛して 
P22~P31 
スピリチュアル・メッセージ どんなことして欲しいの、ぼくに
P32~P37
コンプリート・ヒストリー さまよう青春
P38~P41
証言構成 ミステリアスな彼について、思うことがある――靖幸のこと
P42~P47
本人自身による全アルバム解説

P48~P50
本人自身によるニュー・アルバム遅延経過報告
P51~P58
イケナイコトカイ(カラーグラビアのため掲載予定無し)
P59~P77
実物大 岡村靖幸  図と解説 江口寿史(写真と江口氏によるイラストのため掲載予定無し)
P78~P79 
最終家庭教師 江口寿史(江口氏による漫画のため掲載予定無し)
P80~P89
精神講座 創ることと魅せること






P41〜P47
本人自身による全アルバム解説     岡村靖幸

青春って?   いまの僕たちはこのままでいい?
岡村靖幸の描く「岡村靖幸の世代の心」を聴いて私たちは
ふいに泣きたくなったり、マンションの屋上に昇りたくなったり、
手をつないで歩きたくなったり、する。   構成 佐伯明



『yellow』
1.Out of Blue
2.Young oh! Oh!
3.冷たくされても
4.Check Out Love
5.はじめて
6. Water Bed
7. RAIN
8. 彼女はScience Teacher
9. White courage


『yellow』が出た‘87年頃というのは、世相的にどんなことがありましたっけ? ゴッホの「ひまわり」を安田火災が53億円で買う・・・・・・あとは?
東京の地価上昇率が過去最高の76パーセントになる・・・・・・ほぉ・・・・・・その頃の僕はほとんど社会に関心がなかったと思いますね。全部、他人事で。女のコにモテたいとか、あと興味といったらファミコンぐらいかな。もうぜんぜん他人は関係ないっていう感じだった。
 バンド・ブームの前で、まだ歌謡曲に力があった頃でしょう? だから(中森)明菜ちゃんとかをよく聴いてましたよ。(松田)聖子ちゃんとかね。僕がファーストLPを出す前後に松田聖子が結婚してね。郷ひろみが好きだとか言ってたのに婚約もしないで、二、三カ月後にいきなり結婚を決めたでしょう? そのことに心を傷めた記憶がありますね。
 よく、歌謡曲が廃れてロックが主流になったっていわれるけど、歌謡曲とロックの境界線ってわかりづらいですよね。ロック・ミュージシャンとかいっても自分で詞を書けなかったりする人、多い。曲が書けなかったりね。逆に歌謡曲の人でも自分で詞を書ける人もいるわけで・・・・・・。だから、何をもって歌謡曲とロックを見分けるか? そこはむずかしい。自分や自分の曲に他者が介入することが多い日本の音楽界では特にね。歌謡曲でもロックっぽい魂感じるものがあったりするじゃないですか? でもどうして歌謡曲は衰退したんだろう・・・・・・。おニャン子の時期からかな?
 僕がデビューするきっかけになったのはスタジオで踊ってたってことなんですよ。早い話、まず踊りを認められた。だから、踊りをいちばんのポイントに置こうと思った。踊ることがいちばんのセールス・ポイントだなと思ってやってた頃です。
 その頃の精神状態としては、東京に来たばっかりでTVで「オールナイト・フジ」とかが始まると、そんなものにすごく心を揺らされたりしてた。心がグラグラしてた(笑)。心の持ちようをどうしたらいいのかわからなくて、夜中に一人でマラソンしたり、一人で牛丼食べに行ったりとかしてたもん(笑)。いまより大人げなかった。なんでTV見て心がグラグラするのかわからなくて。
 最初は歌詞なんか自分で書かなくてもいいと思ってたんです。踊りと歌で頑張ろうと思って。それが変わっていったのは、やっぱり他人の詞を歌ってると気持ち悪いんですよね。ライヴで歌ったりとかしてるとその気持ち悪さがお客さんにも伝わると思ったし。だからやっぱり下手でもいいから自分で詞を書こう! ってね。



『DATE』
1. 19(nineteen)
2. Super Girl
3. 生徒会長
4. Lion Heart
5. いじわる
6. DATE
7. どうかしてるよ
8. うちあわせ
9. 不良少女
10.イケナイコトカイ
11.19才の密かな欲望

 セカンドからは詞にものすごく力を入れた。そのせいかどうかは知らないけど、周囲の意見っていうか評価がファーストとセカンドでは違う印象がある。あと“セクシーな匂い”っていうのがセカンドは強いと思う。セクシーな匂いが出始めたというか・・・・・・。どうして出始めたのかなぁ。一時期の僕はファミコンとボディ・ビルディングの二つを大きな自分のテーマにしていて・・・・・・ファミコンをするのと身体を鍛えるっていう対極のことを取り入れるのが、自分のなかではすごく正しい道のように思えたんです。二つのバランスが“俺ってオリジナリティがあるじゃん”っていう自己確立にもなるし“ナウいじゃん”って感じもした。まったく性格の違うものを自分で取り込むことによって、何か自分が磨かれていくような気になることってあるでしょ?
“セクシーな匂い”ってたぶんそこらへんから出てきたんじゃないかな。だけどいろんなところで“岡村はエッチだエッチ”とか書かれたり言われたりしたし、いまだにずっとそのエッチな印象が続いているんだけれども、自分ではもうちょっと奥があるんだけどなって気がしてるし、セクシーさの根源は何か?とも思う。あとアルバム何枚も作ってるのに後継者が現れないのは寂しい。雑誌の特集でエッチがテーマになると、すぐに“レコードでは岡村靖幸の○○とか”って紹介されちゃう。エッチなのは俺だけじゃないだろうと思いますが。雑誌とかいろいろな人の話だと、岡村靖幸っぽいとか第二の岡村靖幸という話をあまり耳にしないのでしかたがないのかもしれない。
 でもエッチ=岡村靖幸みたいな図式って僕にとっては予期せぬものだった。“ちょっとセクシーな岡村靖幸”ぐらいだったらいいけど“岡村靖幸といえばエッチでどーのこーの”みたいになっちゃうとね。たとえばヘヴィ・メタルってジャンル名で呼ばれる人達もね、ある意味で少数だからそう呼ばれるわけでね、音楽が全部ヘヴィ・メタルみたいな音楽だったらもっといろんな言い方してもらえますよ、きっと。
 実際僕がセクシャルってことでレコード買ってる人はたくさんいるし、セクシャルなことをやってくれるんじゃないかって期待でライヴに来てる人も多いって事実もありますけど(笑)。僕が外国に行ったらセクシャルってことだけでこんなに言われないと思う。なぜなら他にもセクシャルな人はたくさんいるから・・・・・・セクシャルって非常に大きいテーマだし、テーマにされるべきことだったし。でも、日本も変わってきているから“僕も(岡村の)真似しよう”と言って真似してくれる人がこれからもたくさん出てくればいいのに。




『靖幸』
1. Vegetable
2. ラブ タンバリン
3. どんなことして欲しいの僕に
4. 友人のふり
5. 聖書(バイブル)
6. だいすき
7. Co mon
8. Boys
9. 愛してくれない
10.Punch↑
11.バスケットボール


 『靖幸』のジャケットはピンク色。一枚目が黄色で二枚目が紫、三枚目はピンク。なぜ色が出てきたかというと、アルバムごとにトータリティはないと思うんで、トータリティみたいなものを持たすために色を使った。でも、アルバム・タイトルと色は特別関係があるわけじゃない。この『靖幸』ってタイトルはその当時みんなびっくりしたし、最初は反対された。
 『靖幸』では作詞・作曲にプラスして、演奏からアレンジまで全部自分でやった。そして、この作品で強く打ち出したものはメッセージですね。男のコに対してのメッセージもあったけど、それ以前に自分に対するメッセージっていうのがいちばん大きくて、タイトルはそこからきてると思う。で、自分に向けたメッセージが僕と同世代の男のコに跳ね返ってるという図式があって、それで男のコのファンが増えていったんじゃないかと。あんまり客観的には言えないけれども・・・・・・。
 この頃になると、もうほとんどインタヴューは受けなくなっちゃって“岡村はなんだかわからんない”っていう始まりですね。わからない存在と『靖幸』ってアルバム・タイトルは、象徴的だと思う。
 インタヴューを受けなくなったのは(高倉)健さんの映画を何本も観て、単純に憧れたんですよね。インタヴューを受けないからといって、健さんがどうしようもない作品に出るわけじゃないし、何かああいうやり方がイイなと思ったわけです。あとは、インタヴューをしちゃうと“このアルバムはこういった作品である”というような“見方”が決まっちゃうでしょう? それが嫌なんですよね。どんなふうに聴いたか?ってことは各人に依るものだから、それぞれが僕のレコードと向き合えばいい。インタヴューでわかったような気になっちゃうよりそのほうがエネルギーの要ることだしね。だから評論家やライターと呼ばれる人たちが、僕や僕のレコードをどんなふうに書くのか、とても興味ありますよ。インタヴューすると僕のしゃべったことが良くも悪くも“土台”になっちゃってツマラナイ。
 自分も含めてですけど、テキストがない時に人間はどうするのかってとても面白い。テキストがないのに何かをやろうとする人間、ですね。極端な話、初めて飛行機を作ろうとした人間とかね。この前雑誌見てたらUFOを作ろうとした人の話が載ってたけどオカシイですよ。言うことが無理矢理で(笑)。でも、そういうところってあると思う。やっぱり何もテキストがないと“どうしてこれが無理矢理なんだ?”と作ってる本人は思うからね。ある面ではすごくガムシャラなんですよ。



『早熟』
1. Peach Time
2. Dog Days
3. Lion Heart(Hollywood Version)
4. だいすき
5. Out of Blue
6. いじわる
7. イケナイコトカイ
8. Vegetable
9. 聖書(バイブル)
10.Shining (君がスキだよ)
11.Young Oh! Oh!
12.友人のふり
11.Peach Time(修学旅行MIX)


根本的に自分を意識するっていうことは、自分の世代を意識するってことですよ。自分がとんでもなく変わった厭世(えんせい)的な人間じゃないかぎり、自分を書くってことは、自分の世代を書くことにつながってると思う。
 僕が自分のことだけ書いてこれだけ聴く人がいたってことは、自分の世代のことも書けたんだって結果的に思うんですけどね。
 僕の世代をマクロ的に見ると、あんまり苦労しなくなった世代でしょうね。
 コンビニがあったりファミコンがあったりヴィデオがあったりと。じゃあ、コンビニができる前、ファミコンをやる以前に僕達はどうしてたのか?ってことを思い出さないといけないと思う。で、思い出せない自分達がいるっていうことに、大きなね、大きな隔り(原文のまま。正しくは隔たり)があると思うんですよ、他の国との。気合いの入り方が違いますよね、絶対。
 コンビニがあったりファミコン、ヴィデオがあるものだから、どうしても“対自分”になってしまうでしょう? そうすると、だんだんと自分を批判するものがなくなってくる。自分をけなすものもね。で、当然、生活は楽な方向へ行く。誰だって自分を批判されたり、苦しい思いをするなんて嫌でしょ?
 バルセロナ・オリンピックをTVで見てて思ったのは、痛い目に遭わないと人間は成長しないのかな? ってことで、そのぐらい俺達はやっぱり怠け者なのか?ってね。
 何か知りたいとか何か利益があると思った時、人は単純に動く。これを読めば自分がモテるんじゃないか、ああすれば利益があるかな? と思って初めて人は行動できる。
 それが悪いことなのかどうなのかは、まだ自分のなかで解答は出ていないんだけれども、そういう現状なんだっていうことを感じて歌にし始めたのが『靖幸』ぐらいからです。
 だから、自分に対してのメッセージ・ソングだな。
 メッセージ・ソングというと、昔、50年代や60年代にあったもので言い回しとしては古いけど、社会とか政治とか外に向かったメッセージ・ソングではなくて、自分に対してのメッセージ・ソングというのは、すごく新しいと思ったし、自分らしいと思った。
 社会批判・政治批判としてのメッセージじゃなく、それ以前にそれだけのことを言える自分なのか? ってことに立ち返るメッセージとも言えますね。オマエはじゃあ何者なんだ? オマエはそれだけ言えるような器の人間なのか?   いちばん最初に批判すべき、考え直すべきは自分なんだと。
 だから、自分へのメッセージ・ソングは何か自分らしくて好きですね。



『家庭教師』
1. どぉなっちゃてんだよ
2. カルアミルク
3. (E)na
4. 家庭教師
5. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
6. 祈りの季節
7. ビスケットLOVE
8. ステップUP
9. ペンション


 ‘89年の6月には天安門事件があって、その年の11月にはベルリンの壁が崩壊しているのかぁ、で、’90年の夏にはイラク軍がクウェートに侵攻してる。このへんの出来事っていうのは、ぜったい教科書に載りますよ。もう、ほんとに世界が動いてるから。
 でもねぇ、たぶん日本人のほとんどはなんでイランとイラクとクウェートがあんなことになっちゃったのか解ってないでしょう? どうしなくちゃいけないか?ってことを含めて・・・・・・。
 たとえば、イギリスではいまだに宗教戦争っていうのが存在してるけど、どうして終わらないのか?は僕たちには解らない。それは知りたくないからだろうし、知る必要性も感じてないからでしょうね。必要を感じない限り知ろうと思わないっていうか・・・・・・。僕たちが知ろうと思っていることは雑誌に出てる“HOW TOなんとか”や“いまコレを買うとお得”とかそんなことでしょ? “この夏着たいのはコレ!”や“何とかのナイトクラビング”とか、知りたいことはそんなんでしょう、きっと。僕を含めて。
 たとえば、いま、前田日明がやってるプロレスを僕は見ていて怖いと思うんだけれども、当人にとってはあれをやる必要性があったと思うんですよね。見ててほんとに怖いんですよ、本気で闘ってるから・・・・・・。でも、そこまで辿り着くには何かあるわけですよね。実際、見てると何か切羽詰まったものを感じるし、反面、それを感じようとしない自分もいる。だから怖く感じると思うんですよ。そこにまで到る経緯が解ると怖さの度合も軽減するんじゃないかな?
 僕たちの世代っていうのは、辛いことがあったらやめちゃいますから。別にことさら必要性を感じなかったら、そうしなくても食っていけるし、そうしなくても痛い目に遭うっていうことはないから。でも、僕が試練のようにして音楽を作ってるのは、自分のなかでどうしてもそうする必要があるからだと思う。
 『早熟』ってセレクション・アルバムを出したのも、『靖幸』と作った段階で、あれはその当時の最大にして強いものだと思ったんで、逆に“次に作るものはどんなふうになるだろう? とんでもないものになるんじゃないか?”と思ったんで、その前にポピュラリティのあるものを出そうとしたわけです。で、『家庭教師』ができたと。


文字起こし人:紅林




アルバム解説というよりは、アルバムが出来たときの時代背景や回想が主。まあ、音楽って時代を反映しているものだろうから、それでも全然構わないが、“全アルバム解説”と銘打つならもうちょっと中身についての解説をして欲しかったな。

■yellow
『yellow』の部分で書かれていることは、これまでにも様々な記事で話されてきていることなので重複する部分が多いですねぇ。踊っていたところを認められたことが、デビューのきっかけになったというのは有名な話だが、初めの頃は「踊りをいちばんのポイントにしていた」というのはちょっと意外だった。だってさ、ポイントにするほどの踊りか?いや、凄いよ岡村靖幸のダンスは!でも、それは技術的な面での凄さではなく自己表現的な面でのダンスが凄いのだ…凄いってか面白いのだ……もっと言ってしまえば笑えるのだ。岡村靖幸はそこら辺りのことを自覚しているのだろうか?ただ、当時は編曲スキルがまだ伴っていなかっただろうし、ダンスをポイントに頑張っていこうという気持ちも理解できるけど。
最初は歌詞を自分で書かなくってもいいって思っていたところを、「やっぱり他人の詞を歌っていると気持ち悪い」「下手でも良いから自分で詞を書こう!」と思い直してくれなかったら、その後の名曲たちは生まれなかっただろう。「自分で書こう」という決断は岡村靖幸を語る上での隠れたターニングポイントと捉えることが出来るだろう。

■DATE
2ndから評価が違うことも、これまでに何度も言及されているが「ファミコンとボディ・ビルディングの二つを大きな自分のテーマにしていて」って…。意味不明である。「まったく性格が違うものを自分で取り込むことによって云々」ということは、まあ理解できるのだが、それについてもうちょっと言及してくれないと…。それにしても「DATE」で急に岡村ワールドが色濃くなっているな。“セクシャル”云々という話が出ているが、岡村靖幸の「女性性を強く求めてしまうこと」と「情けなさすぎる自分の男性性について」と「青春時代を引きずる悔恨」が融合した結果、唯一無二のセクシャルな楽曲として現れたことはある意味自然の摂理なのかもしれない。

■靖幸
岡村靖幸のファンの男女比ってどれくらいの比率なのだろうか。今でも6:4くらいで女性の方が多いのだろうか。「靖幸」がリリースされた頃は殆どが女性でしたね。ライブDVD「ピーチショー」なんか見ても客席は女性ばっかりだ。でも、岡村靖幸の曲の殆どは男のコ向けの歌だ。「男のコに対してのメッセージもあったけど、それ以前に自分に対するメッセージというのがいちばん大きくて」とあるが「男の子=自分も男の子」なわけで。『早熟』についての解説部分にもあるように、自分のこと・自分の世代のことについて歌っている、という意識が岡村ちゃん的には強いのだろうな。

■早熟
吉川とのインタビューでも語っていたが、どんどん世の中が便利に豊かになっていくなかで、浮かれずにむしろ危機感をもって真摯かつ直向な姿勢でいられることはすごいことだと思う。「オマエはじゃあ何者なんだ? オマエはそれだけいえるような器の人間なのか? いちばん最初に批判すべき、考え直すべきは自分なんだと」とあるように、どんどん有名になって周りからも認められてきたであろう頃にも関わらず「自分とはなんぞや」と模索し悩んでいる所が岡村靖幸らしい。

■家庭教師
次に作るものはどんなふうになるだろう?とんでもないものになるんじゃないか?”と思ったんで、その前にポピュラリティのあるものを出そうとしたわけです。で、『家庭教師』ができたと。

えっ、とんでもないものをリリースする前にちょっと一般受けするものでも作っておこうかみたいな軽いノリで作ったのが「家庭教師」なの?案外、力まずというか肩に力が入っていない状態の方が、良いものは誕生しやすいものなのだろうか。プレッシャーのなかで「とんでもないもの」を作ってやろうって思ってもなかなか上手くはいかないよね。結局、そのプレッシャー押しつぶされた結果が現在の岡村靖幸であるならば「家庭教師」なんて無くてもよかったのに…。

「辛いことがあったらやめちゃう世代」「必要性がなかったら止めちゃいそう」であるのに「僕が試練のようにして音楽を作ってるのは、自分のなかでどうしてもそうする必要があるからだと思う」と言っているが、今でもその気持ちを持ち続けているのだったら嬉しいですねぇ。

追記:ポピュラリティのあるもの=早熟でした。





●今日の動画

これは名曲
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

「ポピュラリティのあるもの」=早熟、だと私には読めたのですが…
Posted at 2010.05.07 (18:42) by sk (URL) | [編集]
早熟の話だよね。ポピュラリティのあるものって。
Posted at 2010.05.08 (03:14) by 読解力 (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
ポピュラリティのあるもの=早熟ですね。ご指摘ありがとうございました。
Posted at 2010.05.08 (20:29) by yuji (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析