スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全アルバム試聴解説

月刊カドカワ 1996年5月号 VOL.14 NO.5

表紙 なんで僕なの? 〜完全復活宣言〜
総力特集 岡村靖幸 完全保存版全47ページ

● INDEX
P18〜P19
総力特集 完全復活宣言
P20〜P28
スピリチュアル・メッセージ もう寂しい思いはさせないよ
P29
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その1 佐伯明
P30〜P33
全アルバム試聴解説

P34〜P42
突撃ルポ<瀧くんと行くフーゾク最前線>
P43
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その2 能地祐子
P44〜P47
岡村靖幸スーパーエステへ行く しりあがり寿(しりあがり氏による漫画のため掲載無し)
P48
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その3 小貫信昭
P49〜P56
ライオンと戦える男(カラーグラビアのため掲載無し)
P57〜P62
ライヴ・ドキュメント ひき語り全記録
P63
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その4 カトリーヌあやこ(カトリーヌ氏による漫画のため掲載無し)





P30〜P33
総力特集 岡村靖幸/なんで僕なの?〜完全復活宣言〜
全アルバム試聴解説

岡村靖幸のアルバムは、パワフルな説得力で男も女も打ちのめすスゴサをはらんでいる。
だから、耳を傾けたらもう最後!!そんなスゴサに打ちのめされた六人がここにいる。



『yellow』  チカ(ビンゴボンゴ)
chika.jpg
『yellow』
1. Out of Blue
2. Young oh!oh!
3. 冷たくされても
4. Check Out Love
5. はじめて
6. Water Bed
7. RAIN
8. 彼女はScience Teacher
9. White courage
(1987.3.21/Epic・ソニー・レコード)

 復活前の岡村靖幸をリアルタイムで知らない岡村ファンの私にとって、この一枚は彼のルーツを知る貴重なアルバム。私は彼の「自分自身を好きじゃなきゃ女の子は愛せないぜベェベ」みたいな、ゴキゲンな超ナルシストぶりの説得力にヤラれちゃった一人なワケだけど。でも、自分大好き、俺マニア的カッチョイイところはまだちょっぴりしか出していないみたい。現在そして空白前の岡村くんのエグさや天才ぶりの片鱗がジワリと見えつつも、ブラスシンセとかがその頃のアイドルかなって感じを醸し出したりしちゃってるのよ。他の人の詞やアレンジした曲が入ってるところも1stアルバムならではなのかしら。どちらかというと、ソングライターとしての岡村靖幸が前面に押し出されてる気がします。「バカ♡エッチ♡カッチョイイ♡」で青春してる岡村靖幸以前の岡村くん。そういった感じ。何はともあれ、天才岡村靖幸の記念すべき1stアルバム。お慕い申し上げております。




『DATE』   暴力温泉芸者
m_nakahara.jpg
『DATE』
1. 19(nineteen)
2. Super Girl
3. 生徒会長
4. Lion Heart
5. いじわる
6. DATE
7. どうかしてるよ
8. うちあわせ
9. 不良少女
10.イケナイコトカイ
11.19才の秘かな欲望
(1988.3.21/Epic・ソニー・レコード)

「やっぱり岡村ってスゴイ奴だね!」
 当時、このアルバムを学校の通学途中にCDウォークマンで聴き終えた僕は、思わずバスの中で叫んでしまいそうになった。それまで岡村靖幸と云えば「つぼ八とか白木屋とかで店員やってそうな優しいお兄さん」とか「夏にプールの監視やってそうなお兄さん」というイメージが強くて、とてもじゃないけど「歌を唄う人だって認識ができないでいた。しかも、こんなに鋭い切れ味を持った楽曲とクールでどこかに優しい視点で語られる歌詩(原文のまま)を自分で書くという、俗に云うシンガーソングライターだったなんて初めて知って二度ビックリ! 特に個人的にはその時期、図書館で借りた東西の冷戦構造についてキッシンジャーが書いた本のおかげで知り合った素敵な女の子と熱い交際をしてたんで、思わず8の「うちあわせ」の歌詩(原文のまま)がシンクロして特に思い入れがあります。岡村ちゃん、素晴しい青春のひとときをありがとう!



『靖幸』   奥田民生
t_okuda.jpeg
『靖幸』
1. Vegetable
2. ラブタンバリン
3. どんなことして欲しいの僕に
4. 友人のふり
5. 聖書(バイブル)
6. だいすき
7. Co mon
8. Boys
9. 愛してくれない
10.Punch↑
11.バスケットボール
(1989.7.14/Epic・ソニー・レコード)


 彼のこのアルバムくらいからだと思うんですよ。歌詞なんてどうでもいいっていうか、なんでもありだっていうか。そういうことを世の中に知らしめた功績は大きいです。いや、岡村さんは歌詞がいいって言われてるわけですけど、文字だけ見るとワケわかんないもんね。そういうの嬉しいんですよ。“なんじゃこりゃ”って詞が、メロディーがついて歌われると、すごくいい感じになる。結局、歌詞が評価されるっていうのも、メロディーあってのものだという気がするんです。岡村さんの譜割りなんか、怒るべきものがありますよ。で、僕もそういう曲作りを目指してるんで、親近感を感じてます。お互いがんばろう、というような(笑)。同い歳だし・・・・・・、三十歳。
「だいすき」のシングルは自分で買いました。それにしても、五年ですか? 長い間休んで、何をしていたのか聞きたいです。僕なんかまわりに負けて一年で働いてしまった。ヴァン・ヘイレンみたいですよ。えらい。



『家庭教師』   桜井和寿
k_sakurai.jpg
『家庭教師』
1. どぉなっちゃってんだよ
2. カルアミルク
3. (E)na
4. 家庭教師
5. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
6. 祈りの季節
7. ビスケットLove
8. ステップUP↑
9. ペンション
(1990.11.16/Epic・ソニー・レコード)


 デビュー前の僕の知人には、岡村靖幸さんに携わる仕事をしている人が多かった。多かった、といっても人数にすると二人なのだが、友人の少ない僕にとっては、かなりの割合で岡村靖幸さんの情報を耳にした。もちろん新譜の音もである。
 その当時の新譜が僕の愛するアルバム『家庭教師』だった。このアルバムを聴いた人には、わざわざそのものすごさを説明するまでもなく、聴いてない人には、ただただ同情する。そして僕は悔しいながらも、このアルバムに打ちのめされた。もはやこの人が天才だろうが、紙一重で背中合わせしたその向う側の人であろうが、はたまた和製プリンスであろうが、M・ジャクソンであろうが、岡村靖幸さんの音楽を形容するものには何の意味もないことに気付いた。
 それ以降の僕は、この日本におけるミック・ジャガーでもスプリングスティーンでもコステロでもデビット・バーンでもポール・ウェラーでもなく、岡村靖幸Part2になりたいと、悪戦苦闘しながら音楽と愛し合っている。



『早熟』   浜崎貴司
t_hamasaki.jpeg
『早熟』
1. Peach Time
2. Dog Days
3. Lion Heart(Hollywood Version)
4. だいすき
5. Out of Blue
6. いじわる
7. イケナイコトカイ
8. Vegetable
9. 聖書(バイブル)
10.Shining(君がスキだよ)
11.Young oh!oh!
12.友人のふり
13.Peach Time(修学旅行MIX)
(1990.3.21/Epic・ソニー・レコード)


『早熟』は発売された当時、友達からもらって聴いた。岡村ちゃんのアルバムをちゃんと聴いたのはこれが最初です。言葉がすごかった。歌詞カード見て、「えー、こんな言葉を音にしちゃってんの?」っていう感動があったな。全曲好きだけど、「だいすき」の♫もう劣等感ぶっとんじゃうぐらい♫のフレーズの譜割りが特に好きですね。
 彼の歌のテーマは同世代の僕には“そこまで、本当のこと言うか!?”という恐さと自分の趣味にもガッチリはまってて共感できる両面を含んでますね。
 この前のライヴで「なごり雪」を歌った時はみんなびっくりしてて面白かった。僕もびっくりしたけど(笑)、詞が好きだからって歌っちゃうピュアなところはすごく好きだな。だから、普段話してる時の彼と歌の中の彼ってすごく近い気がする。本気で世の中を見つめて、そこで自分が思ったことだけを歌にしてる感じがすごくするな。なんか、彼と話していると心が洗われるんですよね。




『禁じられた生きがい』   渡瀬マキ
m_watase.jpg
『禁じられた生きがい』
1. あばれ太鼓
2. 青年14歳
3. クロロフィル・ラブ
4. ターザンボーイ
5. 妻になってよ
6. パラシュート★ガール
7. どぉしたらいいんだろう
8. Peach X’mas
9. チャームポイント
(1995.12.13/Epic・ソニー・レコード)

 今回に限り岡村様のことを、あえて「岡村」と呼びすてにさせて頂きます。
 あばれ太鼓と岡村のシャウト!! アッウッイエイ。う〜んなんてエッチなんだー!! 踊りながらステージに現れた岡村のシルエットが頭の中をグルグルまわって・・・・・・思わずニタニタしてしまうんです。「野蛮でノーパンで冗談で」なんて、コレはもう「ベラこんちくしょ〜、岡村ってば〜!!」ですよ!? もちろん家でも「青年14歳SAY!!」の声に続いて「青年14歳!!」ってちっちゃな声で歌ってま〜す♡「妻になってよ」は初めて「カルアミルク」聴いてショックうけた時の胸のキュンキュンさを感じた。岡村ってそういう人なんだ・・・・・・? とか考えちゃったりなんかして(赤面)。
 このアルバムってさあ・・・・・・そうだな・・・・・・ディズニーランドに行って遊んで遊んで遊びまくって最後にシンデレラ城のむこうに打ち上げられた花火見て、うるうるしながら両手のこぶし上げて「サイコー!!」って叫んでしまった・・・・・・そんなアルバムなんだよなー!



文字起こし人:紅林




■ビンゴボンゴ
ラテン、ロック、歌謡曲をごた混ぜにしたミクスチャー・サウ
ンドが特徴。ユースケ・サンタマリアが在籍していたバンドと
しても知られる。1994年にデビュー、1997年に解散

■チカ(ボーカル 本名:藤井千夏)1967年5月5日。千葉県出身
。血液型A型。
近年、声優・ナレーターなどを務める。

■暴力温泉芸者
1990年に中原昌也を中心に立ち上げられたノイズユニット。海
外公演などを通じて国外でも高い評価を受ける。
中原昌也(なかはら・まさや)1970年6月4日。東京都出身。
1988年より音楽活動を始め、1990年にノイズユニット「暴力温
泉芸者」を立ち上げる。音楽活動と平行して映画評論も手がけ
る。1998年に小説家デビュー。2009年より執筆活動を停止、「HAIR
STYLISTICS
」名義での音楽活動が主になっている。

■奥田民生(おくだ・たみお)1965年5月12日。血液型B型。広
島県広島市出身。
1987年、ユニコーンのボーカリストとしてデビュー。1993年、
ユニコーン解散。1994年からソロ活動を開始。ソロ活動の傍らPUFFY
のプロデュースや、井上陽水とユニット「井上陽水奥田民生」
など、多方面での活動が多い。2009年、ユニコーン活動再開。
代表曲:ユニコーン「大迷惑」「働く男」「すばらしい日々」
「雪が降る町」など。ソロ活動「愛のために」「イージュー★
ライダー」「さすらい」「ましまろ」など。

■桜井和寿(さくらい・かずとし)1970年3月8日。東京都出身
。血液型O型。
1992年5月Mr.Childrenでメジャーデビュー。Mr.Childrenのボ
ーカル・ギター。2004年からはBank Bandとしても活動。
代表曲:「innocent world」「Tomorrow never knows」など多
数。

■浜崎貴司(はまざき・たかし)1965年6月11日。栃木県宇都宮
市出身。
FLYING KIDSでボーカルを担当。
1989年、TBS『三宅裕司のいかすバンド天国(イカ天)』に出
演。初代グランドキングになった事がきっかけで、1990年にデ
ビュー。1998年、FLYING KIDSは解散。バンド活動と平行して
俳優・声優としての活動も目立った。
代表曲:「幸せであるように」など。

■渡瀬マキ(わたせ・まき 本名:平川麻紀)1969年2月22日。
三重県出身。血液型O型。
1986年ヤングジャンプクィーン・グランプリ受賞。1987年に渡
瀬麻紀でアイドルデビュー。1989年に「LINDBERG」でデビュー
。2002年、解散。その後はソロ活動が中心になる。

★上記のプロフィールは、月刊カドカワに掲載されているものではなく、紅林さんが制作してくれたものです。わざわざありがとうございます。




GWチャット「君と僕の打ち合わせをしようよ~THIS IS IT~(仮)」ですが日程は以下の予定で行います。

5月1日(土)20時から
5月2日(日)22時から
5月3日(月)22時から
5月4日(火)22時から


ちなみに、僕はゴールデンウィーク中も仕事があるため、24時頃までしか参加出来ませんが、24時以降は、みなさま御馴染みの文字起こし人の紅林さんがホスト役を務めてくれますので24時以降でも参加できます。GWということで、みなさまお忙しいとは思いますが、上記の時間帯でお暇な方がおられましたら、ぜひ一緒に岡村靖幸の行く末について語りましょう。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

釈放おめでとうございます
機能Twitterで知りましたが、出所なさったようですね。良かった!
Posted at 2010.04.30 (05:11) by ルーピーズ (URL) | [編集]
Re: 釈放おめでとうございます
コメントありがとうございます。良かったです。嬉しいですねー。
Posted at 2010.05.01 (00:02) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析