スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアル・メッセージ もう寂しい思いはさせないよ (後半)

月刊カドカワ 1996年5月号 VOL.14 NO.5

表紙 なんで僕なの? 〜完全復活宣言〜
総力特集 岡村靖幸 完全保存版全47ページ

● INDEX
P18〜P19
総力特集 完全復活宣言
P20〜P28
スピリチュアル・メッセージ もう寂しい思いはさせないよ

P29
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その1 佐伯明
P30〜P33
全アルバム試聴解説
P34〜P42
突撃ルポ<瀧くんと行くフーゾク最前線>
P43
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その2 能地祐子
P44〜P47
岡村靖幸スーパーエステへ行く しりあがり寿(しりあがり氏による漫画のため掲載無し)
P48
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その3 小貫信昭
P49〜P56
ライオンと戦える男(カラーグラビアのため掲載無し)
P57〜P62
ライヴ・ドキュメント ひき語り全記録
P63
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その4 カトリーヌあやこ(カトリーヌ氏による漫画のため掲載無し)





ツアーを終えて、ちょっと
クールに胸を張って振る舞える
ようになってきたと思う


ツアー前とツアー中に、女性アーティストのプロデュースをしたんです。頼まれて、一曲だけやりました。詞は彼女が頑張って書いて、曲はぼくが作って。アレンジからトラック・ダウンまで全部やりました。自分で曲を書く人なんですけどけれども、そういう形でやりたいということで。アルバム全部ではなくて、シングルだけです。ツアー中に、急に、全開ですね。
 自分の作品じゃないと、すごい早いですよ(笑)。プロデュースとか、相手がいるわけですから。その相手にとってどういうものがいいんだろうかっていうポイントと、相手がぼくの中でどういうものを望んでいるかっていうポイントが見えているから、明確なわけですよ。そうしたら、すごく早い。今回のプロデュースも、本人に一回会いました。たとえば、キーとか、その人ができることとできないことの許容範囲が明確であり、そういうものがピシッピシッとなっているから、簡単だし、早いですね。彼女が書いた詞については、ぼくのレコードを一生懸命聴いて、頑張ってやってくれたみたいですよ。ここはこうしたほうがいいっていうのは少しだけ。あとはそういうことを直接言うよりも、ぼくの作品を聴いてもらい、CDの歌詞を見てもらって、で、自分がいいと思うものを盗んだり吸収したりするのがいちばんいいんじゃないですかね。五月の初め頃に出ると思います。
 あのね、ツアーをやって、自分の・・・・・・ぼくらしい物の見方っていうのは再認識できたんだけど、その見ているものの具象に関しては答えが出てるわけじゃなくて。それは日々変わるものだろうし。自分が困惑していたことに関しても、恋愛観だとか、女の子の見方にしても、もしかしたら千人ぐらいにインタビューしてもわからないものかもしれない。うん、ただ、ツアーが終ってみて、自分が困惑していた感じよりも・・・・・・本当は困惑しているんだけれども、もうちょっとクールに胸を張って振る舞えるようにはなってきていると思うんです。公では、そうじゃないかな。だからたとえば、自分にとって悲しいこととか、怒るようなこと、その怒ることとか悲しいことっていう事実は変わらないんだけど。悲しいことが嬉しいことに変わるわけないし。歳月が癒してくれるとかそういうことはあるけれども、悲しいっていう事実は悲しいって、永遠に定まっているし。ただ、たとえばその場に際して、自分がどういうふうに振る舞うか。まあ人によってはなしくずしで泣き崩れる人もいるだろうし、頭を抱えてしゃがみ込む人もいるだろうし、お酒を飲んで忘れる人もいるだろうし、目をつぶって見ないようにする人もいるだろうし。それを徹底的に自虐的に楽しむ人、頽廃的に楽しむ人もいるだろうし。そういうふうに、人それぞれ、そういう対処の仕方っていうか、反応があるけど、そういうものが自分の中で定まりつつあるというか、定まろうとしてて。そういうことに対する自分の気持ちとか感じ方っていうのは、そんなに変わっていないのかもしれない。ただ自分が公の場に出たとき、人が見ているときにどういう振る舞いをするべきかっていうことが、定まりつつあったり、定まってきているんだと思う。
 ツアーが終った後は、ちょっとぐらい休みました。でも今はもう復帰してます(笑)。
 東京に新しいコンサート・ホールができるんで、そこでライヴをやります。“ブリッツ”っていうんですけど。
 レコーディングの予定もあります。いつごろなんでしょうね(笑)。・・・・・・でも定期的になったんで、早いうちに出ると思いますけど。
 いっぱいじゃないですけど、他の人のCDも少しずつ、自分なりに少しずつ少しずつ聴いています。人がすすめてくれるものを聴いたりしてますよ、洋楽とかも。でも、うーん、すごいなあっていうのはないんですね。ジョニ・ミッチェルとかみたいに、全部聴いたり、ずっと聴いたりっていうアーティストはなかなかいないですね。恐らく、そういう人は多いんじゃないかな。
 今回のツアーはいろんな人が観に来てくれましたよ。マイ・リトル・ラヴァーの人、trfの人、あとフライング・キッズに、松岡英明くん、鈴木雅之さんも来てくれたし、電気グルーヴの卓球くんも来てたし、今回一緒にテレクラに行くピエール瀧くんも武道館に来てくれたし。楽屋まで来てくれた人もたくさんいました。でも、みんながどんなこと言ってくれたか、全然憶えてないんです。とりあえずライヴが終わってすぐ、俺がハーハー言ってるときに来たんで、何言ってるんだか憶えてないんです、全然。ハーハーですよ。明日、ピエール瀧くんには、テレクラ行くときにもう一回感想きいてみます。




三年まるごと活動をせず、五年間アルバムを出さずにいた岡村靖幸が、ようやく動き出した!という事実は本当のことであり、当事のファンの思いを率直に体現した言葉なのだろうけど、このインタビューの後の岡村靖幸が辿る堕落の道を考えると「完全復活宣言」というこの6文字がなんだか虚しく思えてしまう。

“反省の念”でいっぱいになった靖幸には“責任感”も誕生し―――とあるが……まぁ、こんなことを言ってしまっては元も子もないが、長年のファンからしてみたら、マイスペのログインを日課としている今こそ“反省の念”でいっぱいになって“責任感”も誕生して欲しいと強く思う。

危機感とかほとんどなくて、ぼくはおっとりしてましたね
三年間活動をしないで、五年間アルバムを出さなかったことに関して「ぼくより周りの人のほうが心配しちゃってて。危機感とかほとんどなくて、ぼくはおっとりしてましたね。」と言っているが、まあ、この頃はまだ「前科無し」なわけで、ただ単に活動していなかっただけだから、心に余裕もあったのだろうけど…さすがに今は危機感を持ってるよね?今現在の岡村靖幸がもし「ぼくより周りの人の方~」なんて思ってたらどうしよう?うーん。このインタビューを読んで思うことはいろいろあるのだけど、それらは結局すべて今の岡村靖幸にオーバーラップされる。今度こそはちゃんとしてくれよ、って。もうラストチャンスなんだから。いや、人によっては前回がラストチャンスで今回はもう無理だと思っている人もたくさんいるのだろうけど…。

ツアー前とツアー中に、女性アーティストのプロデュースをしたんです
これは川本真琴のことですね。「自分っていうものに対して客観性がないんですよね」と言っているけど、他アーティストのプロデュースとなると急に的確に客観視をしだす岡村ちゃん。川本真琴に限らず岡村ちゃんの提供曲はいつも素晴らしい作品に仕上がっている。この先、表舞台に出ることが不可能だとしても、舞台裏で名プロデューサーとして活躍するという道も十分あるよな。でも、あの岡村靖幸が裏っかわだけにいるっていうのは、モッタイナイ話ではあるのだけれどさ。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析