スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カ、カムバーック(嬉涙)!

ナイナイの岡村隆史が5ヶ月ぶりにオールナトニッポンに復帰。やはりナイナイファンとしてはラジオでの復帰が本当の意味での復帰だな。「めちゃイケ」の例の「チリ鉱山」のパロディも良かったけど(あの回の「めちゃイケ」を視聴中の僕はずっと涙目でしたよ…)やはりラジオなのだ!ナイナイはラジオなのだ!ナイナイはオールナイトなのだ!ファン(ヘビーリスナー)にとってもナイナイの二人にとっても、ラジオこそが最も大事なものなのだ!なので、先週のオールナイトニッポンでの岡村復帰スペシャルは本当に感動した。そして面白かったな。

今回の復活スペシャルで岡村さんは「言えないこともたくさんありますけどねぇ」と言っていたけど、「言えないこともたくさんありますけど」という前提というか条件のギリギリのところで、かなり突っ込んだところまで話してくれた。しかも、客観的に考えればそれって相当ヤバイ状態なんじゃ?という精神状態の話も見事に笑いに変えているところが凄まじく芸人らしくてかっこよかった。だって、「お金が無いブーム」とか「俺臭ないかブーム」とかもさ、うまく「ブーム」って軽いトーンの言葉に変えているから気にならないけど、明らかに「神経症」の類だし。それを笑いに変える芸人根性は見事。さすがだ。笑えるんだけど泣ける。泣けるんだけど笑えるっていう。ほんとよかったねぇ…。

前に何の雑誌だか忘れたけど、(たしか『QuickJapan』だったかな)、「今のお笑い界に圧倒的なカリスマ性をもったヒーローはいない。80年代ならビートたけし、90年代なら松本人志が存在したが、今はいない、そんなヒーロー無き時代に敢て一人挙げるならば、岡村隆史しかいない」というような内容の文章があった。僕はこれを読んで凄く共感した。岡村隆史にはビートたけしやら松ちゃんほどの、他より抜きん出た笑いの才能は無いだろうけど、個人的にはそれ以上の何かがあると思う。人を惹きつける何かを持っているよ、岡村隆史は。

ナイナイのラジオは僕が中学3年の頃からカセットテープに録音して毎週聴いていた(カセットテープ懐かしいな)から、ナイナイのラジオを聴き始めてかれこれ12年ほど経つのだけれど、実はここ2年程の間はまったく聴いていなかった(だから山下達郎がナイナイのラジオにゲスト出演した衝撃的な事実も知らなかった)。ここ数年MDに録音して毎週欠かさず聞いているラジオは、「伊集院光深夜の馬鹿力」のみだった。でも、これからはまた、ナイナイのラジオを毎週聴こう。今回の復帰スペシャルのラジオを聴いて改めてナイナイの良さに気づいたよ。


岡村隆史主演の映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』の主題歌である山下達郎の「希望という名の光」。名曲です。ちくしょう泣けるぜ。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

オッケーイ!
ちっちゃいオッサンの方の岡村さんネタは久しぶりでは?(笑)
ほんとに笑いあり涙ありって感じでしたね。
病院での岡村さんが“(お前ら)組んでんもん”と
クリノさんのようになったくだりは泣き笑えました。
…今後は目が離せませんね。とっても楽しみです。

Posted at 2010.12.09 (00:30) by ぶる山 (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
本当に泣き笑いでしたね。
来週は入院中の出来事ベスト10ですね。もう1位と8位は発表しちゃいましたけども。
Posted at 2010.12.12 (20:53) by yuji (URL) | [編集]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析