スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまちゃん/リアルタイム

2013年12月31日。大晦日のテレビ番組。近年は「ダウンタウンの笑ってはいけない」を見ることが多かったのだが、さすがに飽きてきたので(毎年同じだし)去年は紅白歌合戦をぼんやりと見た。北島三郎の最後の「祭り」や泉谷しげるの不器用さや大島優子の卒業発言や綾瀬はるかの号泣やところどころで出演するももクロの安定のウザさ(あっ褒め言葉です)など見所がたくさんあり、久しぶりに見た紅白は予想以上に面白かった。

そして、2013年の紅白の目玉といえばなんと言っても「あまちゃん」である。僕は「あまちゃん」を見ていなかったので、繰り広げられる「あまちゃん劇場」を見てもどういう設定なのかがよくわからなかった。「潮騒のメモリー」にしても「なんで3回も同じ歌を歌ってるんだよ。それになんだこの無理やりな転調は」と酒を飲みながらやや批判的に見ていたのだけど、一瞬だけドキッとした瞬間があった。それは「潮騒のメモリー」を歌う能年が「ジョニーに伝えて 千円返して♪」の「千円返して」のフレーズを歌った時の顔である。左手を突出し目をまるで漫画のように大きく見開いたあの表情。そしてすぐさま愛らしい笑顔に戻る能年を見て「彼女は女優なんだ」と認識した。あまちゃんに全く興味がなくて酒の入った状態でぼんやりと見ていた僕にさえ「この子は何か光るものがあるのだろうな」と思わせた。

年は明け2014年正月。「あまちゃん」が全話アップされている動画サイトを発見する。なんと全156話らしい。1話が15分で、それが156回あるということは…膨大な時間を費やさなければいけない。いくら面白いと噂の「あまちゃん」とはいえ、さすがに全話見ることはないだろと軽い気持ちで見始めたのが最後。・・・止まらない。“Don't Stop Me Now”である。面白すぎる。気づけば6時間ぶっ通しで見続けている自分がいた。次の日も止まらない。仕事から帰ってきたらすぐに「あまちゃん」。休みの日は朝から晩まで「あまちゃん」。わずか10日程度で全話を視聴してしまった。最終回まで視聴した後はランダムで様々な回を視聴しては楽しんでいる。能年玲奈の写真集も買った。挙句の果てには、天野アキが北三陸編で背負っている赤のリュックと色違いの黒のリュックまで買った。

「あまちゃん」の魅力についての考察なんて去年の9月の時点できっと既に多くの人たちが語り尽くしているのだろうけど、遅まきながら僕も書きたいと思う。

やはりクドカンである。クドカンの脚本が1話から156話(157話も)までぬかりない。力強い推進力で物語は進んで行き、主役の天野アキは新しい世界にどんどん飛び込んでゆく。様々な愛すべき登場人物が天野アキを取り囲み、笑えて時には泣ける素晴らしい脚本だ。

「あまちゃん」の特筆すべき点は3.11を描いているということ。これには驚いた。震災のことを描いているとは全く知らないで見ていたため、物語が進むに従い(あまちゃんは2008年を舞台にスタートしている)どうやら2011年のあの日も避けて通れないことに気づく…。とてもおバカな笑いに溢れている「あまちゃん」と「3.11」が不釣り合いすぎて、一体どんな描き方をするのだろうと少々厳粛な気持ちになったりもして。結果、震災を描いたからこそ「あまちゃん」が揺るぎない国民的なドラマとなったのだろう。

そして「あまちゃん」の最大の魅力は言うまでもなく能年玲奈の存在だ。話は少し変わる。確か三谷幸喜の本で読んだのか、あるいはテレビ番組だったのか、詳細は忘れたが「古畑任三郎」に出演した桃井かおりは後に何かのインタビューでこんなことを話していた。「田村さんは本当に楽しんでたわよ。古畑任三郎を演じることが楽しくて堪らないんじゃないかしら」というようなことを言っていた記憶がある。そして桃井さん自身もそんな風に楽しんでいる田村さんと一緒に芝居ができて楽しかった、と。

天野アキを演じる能年玲奈を見ていると上述した桃井かおりのエピソードがふと頭に浮かんだ。能年はきっと天野アキを演じることをめちゃくちゃ楽しんでいる。特に東京編のあたりから天野アキに磨きがかかっているように思える。東京編から喋り方(なぜか鼻声)や仕草がより天野アキになっている。それに合わせるかのようにキョンキョンはより春子になり松田はより水口に磨きがかかっているように思える。東京編の脚本は賛否が別れているようだが(僕は好きだけど)、能年が天野アキをこの上なく楽しんで演じている様が見れるという点でも非常に見どころがある。「あまちゃん」の打ち上げで能年は「ぜひ『あまちゃん2』をお願いしたいです」と発言したことからも能年にとっての天野アキとは田村正和にとっての古畑任三郎と同じくらいハマリ役なのだろう。

以上が「あまちゃん」の個人的な感想である。しかし、音楽でもドラマでもそうだけどエンターテイメントへのアンテナは常に敏感に張っていないといけないものだな。

「あまちゃん」を見返すことはいくらでもできる。でも一番素敵な「あまちゃん」の楽しみ方は月曜から金曜まで「あまちゃん」をリアルタイムで見ることだろう。毎日楽しみながら明日はどんな展開になるのだろう?とワクワクしながら日々の生活の中の楽しみの一つとして「あまちゃん」が組み込まれている。これが理想だ。リアルタイムでしか体感できないものって絶対あるもの。

たったの数か月前に終わったばかりのドラマなのに、今見るのとリアルタイムで見たのではだいぶ違う。例えばドラゴンボール。現在の少年が単行本で1巻から42巻まで一気に読んだとする。きっと楽しんで読み終えるだろう。「こんな面白い漫画があったのか。スゲー」と感じるだろう。でもドラゴンボールがジャンプで連載していた当時、毎週月曜日を待ち望んで食い入るように1話1話リアルタイムで興奮しながら読んでいたかつての少年とは同じドラゴンボールを読んでいるにも関わらず決定的に何かが違う。

リアルタイムだからこそ感じることができるアリガタミみたいなものを味わうためにもアンテナは常に敏感にしときたい。「あまちゃん」を見てそんなことを思った。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.02.10 (10:53) by () | [編集]
非公開でコメントくれた方
本当NHKはよく見つけたなぁ~っと思います。たいしたもんだと思います。
8時間ぶっ通しスペシャル、あったんですよね。あれを録画しなかったことを激しく後悔しています。

おぉ、そんなことがあったのですね。ってことは能年の上に?凄いですねぇ。
実は僕もあなた様(これでいいのか、呼び名)の件と比較すると明確ではないし些細なことだったのですが「…もしや」と思わせる出来事が過去にあって何とも言えぬ感情になりました。まぁ、あなた様同様、書く内容は変えてませんけども。
Posted at 2014.02.13 (21:00) by yuji (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.02.13 (21:41) by () | [編集]
yujiさんがおっしゃるように、あまちゃんは素晴らしい作品でしたね。クドカンの脚本は素晴らしいです。
朝からあのオープニングの曲を聞くとワクワク元気になるし、能年ちゃんのキラキラ感は凄い!

視聴者の加熱っぷりも凄かったですね。でも私は何だか途中からその加熱ぶりにひいちゃってた所がありました。天野アキの天然、不思議ちゃん?っぷりにもちょっとついて行けなかったのかな…
まさしくアキの母親と同年代なのであの80年代をリアルに生きてた私は共感もできたのですが…。

NHKの朝ドラといえば国民的ドラマ…老若男女が楽しめるドラマ。私の80歳を越えた母などはNHKしか見ないような人で、ずっと朝ドラを見てきたようだけど、あのテンションについて行けなかったようです。
でもそういう私達はごく一部だったのかな…。
あれだけ人気があったのですから。紅白も盛り上がったし!
特にサブカル好きな人には堪らないドラマだったのだと思います。
NHKは思いきったことをしたなぁ、というのが私の感想です。

あと私が凄いと思ったのは今更ながらに、薬師丸ひろ子の演技力と歌唱力でした。薬師丸ひろ子も同年代ですが、若い頃は神秘的というか遠い存在というか角川のイメージが強くてイマイチなじめなかった…
NHKで35周年?コンサートやFNS歌謡祭で歌っているのを見て上手いんだな~と思いました。私が今まで知らなかっただけかもしれませんね。

アンチあまちゃん派は今の朝ドラ「ごちそうさん」派とも言われてますね。
私もごちそうさんを毎日楽しみに見ています。いずれにしてもNHKの朝ドラで盛り上がれるのは楽しいですね。

その時の朝ドラが好きでも嫌いでも習慣で見てしまうのが朝ドラで…あれこれ家族や友人と朝ドラについて語ったりしますよね。
あまちゃんにちょっと辛口で…すみませんでした。
Posted at 2014.02.15 (10:54) by びーぐる (URL) | [編集]
アイドルは無敵?
あまちゃん?ハマッていた方多いんですね。

クドカン..期待裏切らないですね。郷里が一緒(県レベルで)なので、彼の才能にはちょいジェラシーです。

確かに能年さんのキラキラレベルって大人には無いものですよね。私の彼女対する印象はキラキラな感じに対してですけど、幼児が新しい興味を見つけて興味津々な感じの目の輝きに似てるなぁって思ってます。

彼女って映画向きに感じるんですけど..ね。


そして、びーぐるさんのコメント。あまちゃんのコメントに限らずシンクロするところありますね。多分びーぐるさんと年齢が近いんだろうなぁと読んでいて感じます。いや..びーぐるさんは永遠の20才です。


今のアイドル能年さんに対し、昔のアイドルが2人でていたのもこのドラマのポイントなんでしょうか。キョンキョンはおばちゃんになってもキョンキョンだし、薬師丸さんは相変わらず素敵。デビューの頃は彼女独特のオーラがありましたが、年を重ねて素敵な女性になったなぁと。歌声は若いときから綺麗でしたし。「Wの悲劇」の曲好きなんですよねぇ。

あっ(*_*)
yujiさんの知らない時代を語ってしまった。イケないイケない。


そういえば、私テレビ見てないんだった。あまちゃんの事あまり知らないんです。話に乗っかって失礼しました。

ちなみにyujiさんは大人な女性でアンテナに引っ掛かる人はいますか?

しおりんはなしです。
可愛すぎますから。
Posted at 2014.02.15 (20:31) by 黒猫子猫 (URL) | [編集]
yujiさんがコメントを書かれる前なのにこの場をお借りして…。

黒猫子猫さん、私も思っておりました。私達は永遠の二十歳…年齢が近いですよね。
お互いのコメントにシンクロするものありますよね!嬉しいです。

岡村ちゃんベイベはアラフォー世代が多いのでは?と思います。岡村ちゃん全盛期に思春期だった方々かな。
でも今も全盛期だから年齢層はもっと広がりますね。

私達の青春時代のアイドルやミュージシャンがいまだに活躍し、こうして若い方々と話題を共有できるのは楽しいことです。

yujiさんの知らない時代の話題がちょくちょく出てくると思いますが…すいまっせーん。
老眼鏡、時々かけてスマホ頑張ってます。
Posted at 2014.02.18 (16:25) by びーぐる (URL) | [編集]
非公開でコメントくれた方
第一人者はラブタンバリンの管理人だと思います。当初は勝手にライバル宣言してましたから(笑。

おっ2階席なんですね。レポ僕も書くのが楽しみです。

ライブ一年間無料パスポートってすごいですね。いいなぁ。

素敵な1年になりますように!
Posted at 2014.02.18 (18:56) by yuji (URL) | [編集]
びーぐるさん
あまちゃん面白かったです。NHKの朝ドラとしての評価はそんなに芳しくないのでしょうかね。確かに東京編のアイドルを目指す辺りのシナリオは若い人向けですね。70代以上のお年寄りが見てもまったく意味が分からないだろうし。

NHKの朝ドラは実はあまちゃんで初めて見たんですよね。ごちそうさんは見てませんが4月から始まる朝ドラはリアルタイムで見ようかと思っている今日この頃です。
Posted at 2014.02.18 (19:13) by yuji (URL) | [編集]
黒猫子猫さん
あのキラキラは見惚れてしまいます。僕はどちらかというと瞳が淀んでいるので綺麗な瞳には男女問わず憧れます。

Wの悲劇???ワカンナイ。

アンテナに引っ掛かる人を割と真剣に5分くらい考えてみましたが音無響子しか思い浮かばなかったです。
Posted at 2014.02.18 (19:32) by yuji (URL) | [編集]
びーぐるさん
返信遅れて申し訳ございません。

アラフォーが中心ですがファンの年齢層は広いですよね。

岡村ちゃんはたいしたもんだと思います。
Posted at 2014.02.18 (19:45) by yuji (URL) | [編集]
あまちゃん&岡村ちゃんLOVE

始めまして、私も『あまちゃん』はまってました。個人的にピエール瀧の梅頭が好きでした^_^
岡村ちゃんもラジオで『あまちゃん』にはまっていて毎日見ていたと言ってました^ ^
Posted at 2014.03.28 (20:08) by りんりん (URL) | [編集]
りんりん
はじめまして。ピエールさんの顔芸面白いですよね。

岡村ちゃんも見ていたと後から知り嬉しくなりました。
Posted at 2014.03.30 (00:42) by yuji (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析