スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいつより愛してるぼくに気づいて

岡村靖幸の歌詞には秀逸な名フレーズがたくさんある。代表例としては「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」の歌詞。「寂しくて悲しくてつらいことばかりならば あきらめてかまわない だいじなことはそんなじゃない」というもの。普通であれば「辛いだろうけどそこでくじけちゃだめだ!諦めたらそこで試合終了ですよ!」的な方向に行ってしまいがちだが、岡村靖幸はちがう。

「辛いんだったらあきらめちゃってもいいじゃん」っていう。おそらく彼のメッセージは基本的に強い人間に向けて送られているものではないのだろう。きっと器用にうまく生きられない人達やいろいろとこじらせている人に対してへの岡村ちゃんなりの応援であり優しさなのだろう。辛いのに無理して頑張って精神疾患になるくらいだったらあきらめてもいいじゃんよっていう。

それから「だいすき」の「ねぇ三週間ハネムーンのふりをして旅に出よう」なんかも秀逸だ。「ハネムーンのふり」だから実際は二人は結婚はしていないわけだ。彼氏彼女の関係なのにハネムーンを装い旅に出る。旅行会社の人にもホテルのフロントでも旅の道中で出会う多くの人々の前でも二人は幸せなハネムーンを(いたずらな笑みを浮かべながら)演じるのだ。そんな甘い世界観をワンフレーズで想起させる秀逸すぎる歌詞だ。

まだまだスッバラシイ歌詞はたくさんあるが一個一個挙げてはきりがない。ただ一つ言えることは上記の二つの秀逸な歌詞は岡村靖幸が頭を悩ませ、考えに考え、細かく推敲し、ブラッシュアップした末、生まれた歌詞なんだろうということ。少なくとも無尽蔵にわんさか溢れ出るようにして生まれた歌詞ではないだろう。

★☆★☆

先日「Dog Days」を何気なく聴いていて僕は見つけた。これ以上ないくらいに岡村ちゃんらしさが溢れる素敵な歌詞を。しかも上記の二つの歌詞と同じくらい秀逸な歌詞。しかし、秀逸でありながらそれほど考えに考えて捻り出したという印象はなく、岡村ちゃんの中からであれば無尽蔵に出てきそうな歌詞。それは・・・

【あいつより愛してるぼくに気づいて】

なんで今まで気づかなかったのだろう。この歌詞凄い。いわゆる告白できなくて情けなくて鬱々とした夜を過ごしているダメ男の心情をここまで的確に表現した歌詞はないだろう。

まず「あいつより愛してる」という箇所。一体何を根拠に言っているのだろうか?きっと根拠なんてないはずだ。そもそも岡村ちゃんはその彼女に対して何もアプローチ出来ていないはず。逆に“あいつ”は彼女に対して懸命にアプローチをしているだろう。だからこそ彼女は“あいつ”に気持ちが傾いているのだろう。何もしていないのに「あいつより僕の方が愛している」という思い込みが非常に身勝手であり、生々しい。

そして、そのあとの歌詞が「僕に気づいて」だ。・・・なんという受け身!!まるで高齢の猫のようにじっと黙っているだけで何のアプローチもしていないのに“あいつ”より僕の方が愛していると心の中で叫び、挙句の果てには、“気づいて”ときたもんだ。「岡村ちゃんよ…残念ながらそりゃ誰も気づけないぜ」と後ろから岡村ちゃんの肩を軽くポンと叩いてやりたい。

★☆★☆★☆★☆

この歌詞に共感する男たちは多々存在するだろう。学生時代。高嶺の花だった美人で清純そうな女子がちょい不良気味のイケメン男子と付き合っていると知った時、情けない男たちは誰もが心の中で密かにこう呟いたはずだ。あいつより愛してる僕に気づいて、と。


追記
「Dog Days」には「お前のせいで堕落してしまう」という歌詞もあるし、なかなかのダメ男っぷりの歌詞が散見される。しかし、「液体状の夕焼け流れ落ちてきてる 僕のベッドに」という文学的にも優れた描写の歌詞もあったりする。もちろん曲もアレンジも素晴らしい。改めて聴くと本当に名曲だ。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

おもしろいですね!
あの娘のカレシのように、車も買えないお金のない自分だけど、アイツより愛してることだけは自信があるぜ!
と、フラれて悔しがってる歌かと思ってました。

聴いていた当時は、イケイケな靖幸がなぜかモテない男の代弁者のような歌を歌うんだよね、おもしろいよね、と思ってたので。
この時代は、お金がない男は本当に相手にされませんでしたからねぇ。

そのずいぶん後になって、インタビュー等でモテなくて告白もできないタイプだと認識したので、そのうえで今聴いてみると、なるほど、yujiさんの解釈になってきますね。

私は、「あいつより愛してるぼくに気づいて」の、「て~」でストンと低くなるメロディーが好きです☆
なので、ペンションの「最終のバスに乗り遅れた~」、ターザンボーイの「段ボールいっぱいの子分と戦っていた~」も、好きです♪
だから、ビバナミダの「さびしげなその美貌~」の低音ヴォイスが最近のお気に入りです。
Posted at 2014.02.15 (00:26) by my girl (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.02.15 (20:32) by () | [編集]
my girlさん
なるほどぉ。確かに岡村靖幸という人間の性格がわからない状態でこの歌だけを聴くと一人の女性を巡り二人の男が競い合い、その結果勝者と敗者に分かれる。そして敗者が言う「あいつより愛してる僕に気づいて」と捉える方が自然ですよね。おもしろいですねぇ。

ストンと落ちる低音が好きとはなかなかマニアックですね。意外と多いかも。イケナイコトカイの“カイ”もストン系低音ヴォイスでしょうかね。

Posted at 2014.02.18 (19:04) by yuji (URL) | [編集]
非公開でコメントくれた方
初めまして。コメントありがとうございます。ビートチャイルドで岡村ちゃん熱再燃の方は案外多いようですよ。

2階席仲間ですね。ええ、そうです!じっとり盛り上がりましょう!
Posted at 2014.02.18 (19:36) by yuji (URL) | [編集]
再コメすみません
ストン系低音ヴォイス!
いいネーミングです。たしかに多いんですね、岡村ちゃんの曲には。

ちなみに「妻になってよ」の低音部分、吉川晃司の歌い方に似てるなぁと気になってました。「僕がだいじにしてやる」と、低音でネットリ歌うとこが特に。
実は1990年~2002年くらいは吉川晃司にどっぷりハマっていたので。笑

吉川晃司と岡村ちゃんの2000年代の活動を対比すると、本当に切ないと思っていました。
今後は岡村ちゃんに盛り返してほしいと思ってます!
Posted at 2014.02.19 (16:24) by my girl (URL) | [編集]
my girlさん
ストン系低音ヴォイス、なんかカッコいいですね!

言われてみれば「僕がだいじにしてやる」の部分は吉川晃司っぽいですね。意識してたのでしょうかね。

吉川晃司は一度は腰をすえてじっくりと聴かなければと思っているミュージシャンの一人です。

今の調子でいけば十分盛り返せます!
Posted at 2014.02.22 (19:27) by yuji (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.02.24 (21:00) by () | [編集]
非公開でコメントくれた方
返信が遅れてしまう申し訳ございません。

おっ初岡村ちゃんなんですね。しかも2階席ですか。まだチッケット残ってたんですね。

2階席がどんな感じなのか僕も初めてなのでわかりませんが楽しみましょう!
Posted at 2014.03.07 (18:16) by yuji (URL) | [編集]
DOG DAYS好きとしては、これは是非ともコメントを付けなくては!と、しゃしゃり出て参りました。アイボリーでは、たった2小節で崩れ落ち、アイシャドーが剥がれるくらいに泣き続けたのでしたw

確かにこの歌詞は男性のせつなさを歌っておりますが、私は【車のない男には興味がないわ】に、ガツンとやられたのでありました。
それまで、男の子とお付き合いなんぞすることも無く、更に言えば目にも止まらないようなイケテナイ女の子だった私が、この歌詞に出会い、「あぁ、女の子はこの位上から目線でいいんだ!」と気づいたのでありまして。
それからというもの、多分人生最大のモテ期が来ましたねww
DATEに参戦する時には、バドワイザーのボディコンなぞを着たりしてなんとまぁ、挑発的というかなんというかww

おかげさまで、人生変わりました。
たった一言で人生を変えた、強烈な歌。私にとってはそれがDOG DAYSなのであります。岡村さんに、感謝せねば。伝えたいんですけどねぇ。貴方のおかげで、楽しいよ、って。
Posted at 2014.03.19 (21:19) by ちょく (URL) | [編集]
ちょくさん
アイボリーで少し歌ったんですね。そういえばエチケットプラスの札幌公演でもちらっとだけ歌ってました。小出しに歌うのが好きなんですかねェ。

【車のない男には興味がないわ】でガツンと来てバドワイザーのボディコンですか。凄いです。そして楽しそうですね。

いろんな人の人生に影響を与えているんですねぇ、岡村ちゃんは。
Posted at 2014.03.24 (21:41) by yuji (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2016.05.06 (15:57) by () | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析