スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャ乱Q→尾崎豊→岡村靖幸

初めて買ったCDはとんねるずの「ガラガラヘビがやってくる」だった。1992年にリリースされたこの曲は子供を中心に大ヒットしミリオンセールスを記録した。僕らの世代(1980年代前半生まれ)が4~5人集まり「初めて買ったCDは?」的な話題になると大抵その中のひとりは「ガラガラヘビがやってくる」を挙げ「あったねぇ!わかる!わかる!」となる。いわゆる“あるあるネタ”の一つとなっている。

「ガラガラヘビがやってくる」という曲は僕にとって、とても懐かしくノスタルジックな気持ちにさせてくれる大切な曲なのだが、初めて買ったCDが「ガラガラヘビがやってくる」という事実は…なんか嫌なのだ。

日本の音楽シーンにおいて「ガラガラヘビがやってくる」をカテゴライズするならば「およげたいやきくん」「だんご三兄弟」「おしりかじりむし」と同じ棚に収納されている曲だ。悪い大人たちが夜な夜な会議で悪知恵を捻り子供をターゲットにして作った商業ソングだ。しかも「ガラガラヘビ」の作詞は秋元康。いくら流行っていたとはいえ、記念すべき初CDが秋元作品なのは嫌なのだ。当時小学3年生だった僕のお小遣いが印税という形で秋元康の通帳に振り込まれていただなんて…。別に秋元康が嫌いなわけではないけどどうも釈然としないというか、辟易してしまう自分がいる。

小学三年生の頃初めて買ったCDが「ガラガラヘビ」。そして時は流れ、それから4年後。中学一年生の頃に買った2枚目のCDはシャ乱Qの「ズルい女」だった。それ以降、僕の買ったCDの2枚目から15枚目くらいまではずっとシャ乱Qで埋め尽くされることになった。そう、僕は中学生時代、シャ乱Qの熱狂的なファンだったのだ。

ド派手な衣装に、細い眉毛。ねちっこい歌い方。耳に残る歌謡曲チックなメロディ。テレビ番組で見せる大阪の兄ちゃん的な軽快なトーク。全てが強烈だった。本当にどっぷりとハマった。CDはもちろんすべて買い、シャ乱Qが出演する番組は全てビデオに録画した。当時シャ乱Qは毎日のようにテレビ番組に出ていたので録画するのは大変だった。

僕の中のシャ乱Q熱は3年ほど続いた。1998年辺り(シングルで言えば「ためいき」がリリースされた辺り)でシャ乱Qの人気は徐々に下火になりはじめ、当時中学3年生だった僕は神経質で気難しい性格になりはじめた。シャ乱Qを聴くような精神状況ではなくなっていた。

シャ乱Qを卒業した後、僕が次に深くハマったのは尾崎豊である。それはそれは熱狂的な尾崎豊ファンになった。尾崎豊を聴けば聴くほどシャ乱Qが好きだった自分がなんだか恥ずかしくなった。愛やら自由やらを命を削りながら真摯に表現している尾崎豊。一方、シャ乱Qは「ラーメンだいすき小池さん」だもの。まぁ、シャ乱Qの次に尾崎豊にハマる僕が悪いのだけど。

中学3年から高校時代はずっと尾崎豊を聴き続け、大学時代に岡村靖幸の熱狂的なファンになり、今に至る。他にも井上陽水やXJAPANやhideやたまやdoorsやももいろクローバーZ等々様々なミュージシャンのファンになったけど僕の音楽遍歴を振り返った時「シャ乱Q→尾崎豊→岡村靖幸」という流れは確固たるものとして揺るぎなく存在しているのであった。

☆★☆★☆★☆★

・・・えーと、なんでこんな文章を書きはじめたのか自分でも忘れかけてしまったが、そう、今日ニュースで知った方も多いと思うがつんくが喉頭がんと診断されたそうだ。現在治療中とのこと。近年のつんくは確かに声が全然出ていなかった。全盛期の頃のつんくは声量があって安定した歌唱力を誇っていた(元シャ乱Qオタクの僕が言うのだから間違いない)。故になぜ近年のつんくはこんなに声が出ていないのか不思議でたまらなかった。

シャ乱Qのリーダーであるはたけはつんくの病状の報告を受け「あのつんくの声が戻ってくるのを信じています」とエールを送ったそうだ。僕は「あのつんくの声」という表現に思わずグッと来た。シャ乱Qのことを詳しく知らない人には伝わりにくいだろうが、シャ乱Qファンであれば「あのつんくの声」が「どのつんくの声」なのか、一瞬でわかるだろう。もし、あのつんくの声が本当に戻ってきたらこれほど素晴らしいことはない。喉頭がんであることはショックだが、早期発見とのことなので絶対に完治させて、さらには“あのつんくの声”も取り戻して、パワーアップした無敵なつんくになって復帰することを心から願っています。ファイト。


スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

まだ寒い。寒すぎる。

北海道猛吹雪なんすか?花吹雪の間違いでは..ないか。残念。

とんねるずってそんなに人気ありました?私が思い出すのは「雨の西麻布」かなぁ。年代の差でしょうね。

つんくさんと言えば、私はブログをよく見てまして。マジで妻が凄い。朝からあのご飯を作るなんて、自分恥ずかしすぎるよなぁ。
で、声の調子は良くなかったですもんね。もう少し早く何とかならなかったのかなぁと思ったりしてますが、多分メンテはしていたんでしょうから仕方ないのかと。

まだ、お子さんも小さいし45歳ですからね。踏ん張って治療していただきたいと思います。

声は...どうだろう。
つんくさん、ステキな曲もつくりますからね。


しかし...yujiさん。
大人の策略にまんまと乗せられてますね。棚のCDリスト(^w^)

Posted at 2014.03.07 (21:04) by 黒猫子猫 (URL) | [編集]
黒猫子猫さん
ここ数日は吹雪いていますし真冬日が続いています。明日は最大瞬間風速が35メートルでこれは台風並みだそうです。でも、全国ニュースでは全くニュースになってませんね。関東でちょっと雪が降っただけで(雪国の人からしてみればの話ですが)大々的なニュースになるのに、北海道がホワイトアウトの猛吹雪になっても全くニュースになりませんもん…(ブツブツ)と愚痴を言ってみたりして。

僕はとんねるず世代ではなくてどちらかといえばナイナイ世代なのでよくわかりませんが人気はあったと思います。

>もう少し早く何とかならなかったのかなぁと思ったりしてますが
それは僕も思いました。声帯の障害があることは7~8年前からわかっていたことらしいので…。



Posted at 2014.03.08 (00:12) by yuji (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.03.09 (04:06) by () | [編集]
つんく心配。
シャ乱Qのズルい女はカラオケで盛り上がってました。ハロプロ全盛期には才能を発揮してましたよね。早く治してほしいですね。

私の初めてのCDは光GENJIです。かなり熱狂してました。黒歴史と思ってたけど、女子らしくていいかなと今では思います。

その後、男闘呼組にハマり、そのメンバーが聴いているというロックを聴き始めた頃にバンドブームになり、BUCK-TICKに熱狂。
その後は吉川晃司です。

書き出してみると、えらく恥ずかしいです。笑。

バンドブームの頃には岡村靖幸、X、ユニコーン、ジュンスカ、筋肉少女帯、氷室京介…いろいろ好きでした。
一番熱心だったのがBUCK-TICKですが、悪の華から遠のいてしまい…
だから岡村ちゃんが櫻井あっちゃんに曲を提供し、自らも歌う日が来ようとは、本当に時が流れると思いもよらないことがあるものだと感慨深いです。

光GENJI、男闘呼組、岡村ちゃんと、薬物事件があったけど、BUCK-TICKは超ファンの時だったので大ショックでした。ネットもないから、情報は週刊誌しかない時代。授業抜け出して、公衆電話から裁判所に判決を聞きに電話した懐かしい記憶が…

ミュージシャンからは、曲だけではなく、生き方からも元気をもらえますからね。
つんくも岡村ちゃんも、がんばってほしいなと思います。
Posted at 2014.03.12 (20:43) by my girl (URL) | [編集]
非公開でコメントくれた方
初めまして。コメントありがとうございます。

まさか元シャ乱Qファンのベイベからのコメントを頂けるとは思いませんでした。「こんなにあなたを愛しているのに」は名曲ですね。カップリングの曲にも関わらずMステでも歌ってましたしね。この名曲の作詞がまことで作曲がはたけであるところがシャ乱Qの凄さだと思います。つんく以外のメンバーもいい曲書くんですよね。むしろ「ズルい女」以前はつんくの曲は売れないというジンクスのようなものがメンバー内であったようですし。

そして、岡村靖幸のアルバムの件ですが...今年は出ると確信していましたが、ちょっと雲行きが怪しいような気もしますねぇ。ファンの勝手なおごりではないと僕は思います。むしろ、ベイベはかなり気を遣っているように思います。
Posted at 2014.03.18 (07:33) by yuji (URL) | [編集]
my girlさん
本当に早く治してほしいです。

光GENJIと男闘呼組懐かしいです。忍者もいましたよね。

岡村靖幸、X、ユニコーン、ジュンスカ、筋肉少女帯、氷室京介に吉川晃司にバクチクですか。個性的というか実力者揃いですねぇ。

そうですね。生き方からも元気をもらえます。頑張ってほしいです。
Posted at 2014.03.18 (07:49) by yuji (URL) | [編集]
my life
そういえば、yujiさんはシャ乱Qも好きでしたね。読み返して思い出しましたよ。
yujiさんが小休止している間につんくさんは人生の大きな決断をされてましたね。私は彼の決断を評価してます。そして、近畿大学の新入生への言葉を見て(聞いてなのでしょうか)改めて素敵な人だなぁと思いました。

癌が老化による病気であれば、彼の声帯は寿命だったんだと思います。歌うことを辞めていれば声帯は残せたのかもしれませんが、彼のlifework上、そういう訳にはいかなかったんでしょうね。

時折見せる、ブログやTwitterの一言に元気をもらうことがあります。

そういえば、岡村さんライブの冒頭で言ってましたね。これが私のThis is my life。どんだけ好きにさせる気なんだろうってドキドキしちゃいましたよ。ホント。
Posted at 2015.04.30 (17:16) by 黒猫子猫 (URL) | [編集]
黒猫子猫さん
残念ですし悲しいですね。
昔から好きだったので衝撃はでかいです...。
Posted at 2015.05.04 (18:40) by yuji (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析