スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「彼氏になって優しくなって」「ちぎれた夜」 全曲解説

彼氏になって優しくなって★★★★
リズム。とにかくリズム。岡村靖幸の日本人離れしたダンサブルでズシズシ砂埃を立てながら華麗に突進してくるリズムが存分に味わえる曲、それが「彼氏になって優しくなって」だ。この誰にも真似できない岡村靖幸のアベレージの効いたリズムをさらに引き立てているのが歌詞。メロディと歌詞が別々のものではなく一つに重なり合って一つの共同体として存在しているかのような一体感が凄い。

何度もリピートして気づいたのだが岡村靖幸はおそらく本作の歌詞において「さ行」(特に“し”)を意識している(もしかしたら既にベイベの間では言及あるいは周知されていることかもしれませんが)。まずタイトルからして「かれしになってやさしくなって」だ。それから本作の中でもっともインパクトのある歌詞「ただし絶対常識の範囲内でね」にも“し”が二個入っている。

二番の歌詞はさらに顕著だ「バッシュで猛ダッシュ決めて芸術的なシュート(4個)」。さらに次に続く歌詞は「マンダリンかじってプシュっとしめらす(2個)」さらには「シャンプー泡立つ指でゴシゴシしているような(4個)」。さ行を意識して聞いてみると岡村靖幸自身も特に意識して強調するように歌っているように聴こえてくる。

リズム優先で書かれた歌詞というのは韻や母音を最優先するため往々にして歌詞の内容がいい加減だったりするが、「彼氏になって優しくなって」は岡村靖幸のメッセージ性もふんだんに含まれている。リズムに合う歌詞で尚且つ自分の言いたいメッセージも織り込むというのはなかなか難しいことだろう。岡村靖幸がよく口にする「曲はいくらでも作れるけど歌詞が書けない」というのもこの曲を聴いているとわかるような気がする。

冒頭に記したようにこの曲はとにかくリズム。岡村靖幸のリズムの秀逸さを示す見本市があるとしたら最も人目の集まるブースで「彼氏になって優しくなって」を大々的に流すべきだ。

ちぎれた夜★★★★★
「ワン トゥー」。岡村ちゃんの低い声からはじまるバラード「ちぎれた夜」。アコギがメインのシンプルな楽器編成。メロディは一見フォークソング調だがどこかエスニックな匂いも漂っている。優しくて暖かくて、でも寂しくて何度もリピートしているとたまらなく切なくなってくるけど聴き終わった後は「強く生きていかなきゃ」と思わさせてくれる不思議な曲。

「ちぎれた夜」というタイトルも印象的だ。岡村靖幸にとって“夜”というのはハッピーなものではなくてきっと悲しい時間なのだろう。異性のことで鬱々としたり、人間関係の気がかりや、一筋縄では解決できない深刻な悩みなどを夜に抱え込んで小さくうずくまっているイメージがある。

でも、その鬱々とした夜の不安定な時間こそが岡村靖幸を岡村靖幸にしている時間であり、アーティスト岡村靖幸としては絶対になくてはならない大切な時間なのだろう。しかし、その鬱々とした夜の暗い樹海の中にある立ち入り禁止の柵を乗り越え、足を踏み入れすぎた結果が一連の事件に繋がってしまったのではないだろうか。

「ぶーしゃかLOOP」以降の岡村靖幸は「鬱々とした夜」と上手に向き合い付き合っているように思える。「ヘルシーメルシー」にしても「ちぎれた夜」にしても「ラブメッセージ」にしても、それらの曲からは“今”という同じ時代を生きる岡村靖幸の血の通った体温が感じられるし、健全な肉体と健全な精神から生まれた曲であることを感じられることが、なによりも先に僕は嬉しい。

追記
コメントにて「彼氏になって優しくなって」のレビューのリクエストがあったので書きました。というわけで次の更新がホントに最後です。…最後といっても何を書けばいいのかさっぱり思いつかないのでこの記事で終わりでも別にいいのだけど…。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

そういえば
書いてなかったのですね。約1年前の新曲。早いなぁ。って事で便乗しちゃえ(^O^)

「ちぎれた夜」
最初に聞いたとき、「みんなのうた」に流れても違和感なさそうって思った記憶があります。民謡じゃ無いけど...なんだろう? 子守歌のような?「この曲、母が子供の頃によく歌ってくれて...」って言われても納得しちゃうくらい懐かしさ感じる優しい曲ですね。でも歌詞は懐かしさを感じるのとは裏腹の別れ唄だったりします。

最初は花の名前を聞こうとした彼女は亡くなっている方なのかと思って聞いていましたが、そうなると途中から詞の彼が思う事と相違が出てきて「なんだろう。この違和感。」と思ってました。
「同じ証って何だ?」みたいな。何故に未来を見てるんだろうってね。

他のベイベもこの曲(このシングルですか)に対するコメントをあげているのですが、その方のその解釈が素晴らしくてはyujiさん以外にも素敵な文章を書くベイベはいるのだなぁって思ってました。
その方は「千切れる」「契れる」に関しても書かれていて読みが深いなぁと感心させられました。


彼は別れの予感を感じているのでしょう。かなり確実な感じで。それを打ち消すために彼女にサヨナラを言わせないために彼は彼女の名前を呼んだり話しかけているのでしょうか。まだ、彼女との未来を諦めることが出来ずに。

短編の小説を読んでいるようです。

そしてなぜに「ちぎれた夜」なのか?過去形なんでしょう。 「ちぎれそうな夜」じゃない?詞の感じとして?

彼の予感は見事に当たり別れを告げられてしまったのでしょう。失恋って誰でも一度は経験するはず。その感情を知っている人にはとても切なく感じる歌ですね。

しかし..世の中は稀に失恋をしたことがなく今を過ごしている方もいるようで。「リア充か...ちぇっ」と思う猫でした。
いいんですよー。
切なさや悲しさを知っている方が人に優しくなれるんですから。色々な感情をインプットして大人になるんだもんね。

猫は結構な負けず嫌いなのです(^w^)
Posted at 2015.10.12 (13:25) by 黒猫子猫 (URL) | [編集]
これにて....
「彼氏になって優しくなって」
エチケット以降のシングルの中で一番好きな曲です。どこがだろう?聞かれると難しい。ざっくりしてるんですよ。私。
曲はJazz?Jazzyな感じ?時折主張するギターとキーボードの音が小気味よいと言うか...気持ちいい感じがします。一番最初のハイハットでいいのかなぁ?それを聞く度に頭の中でメトロノームが「カチカチ」と動く、それも毎回。まるで何かを刷り込まれたパブロフの犬のようです。よだれが出ないだけましなのかもしれませんけどね。

今の時代って上手く恋愛できない大人が多いですよね。まぁ、猫も他人様の事は言えません。他人との関係は拗れなくても気持ちは拗らせてばかりですから。
私の周りでもストーカー行為を受けたかたもいますし。なんか上手く自分の感情を消化できない人が多い。こんな時ばかりは「非モテで良かったよ~俺」って思うのですがね。

「絶対常識の範囲以内」ってどこまでを指すのか?これって難しいですよね。人によって範囲は違うし、恋ってちょっと常識から外れるから魅力的なんだし。でも自分の感情ばかりを押し付けるのは、やはりよろしくないか...と思います。人の感情って流動的だし、イコールじゃないしホント難しいです。

この曲の中で一番好きなフレーズは「たましいがそっと震えるような」って所。他にもあるんですけど、だいぶ長々書いているのでこの一点に絞りました。

この曲のこの詞だからじゃなくて、魂が震えるって言葉が好きなのかもしれない。

嬉しくても悲しくても心は揺さぶられます。感動もそう。何か出来事が起こる度 に心はふるふるします。

岡村さんのライブに 行って岡村さんの笑顔を見た時もふるふるするし、「サブカル」やベイベの書いたコメントを見て自分にはない感情や感動があってもふるふるするんです。

ホントにこの「魂が震える」感覚を忘れずに年をとりたいです。


岡村さん...これからもあなたの曲で歌で私の魂を震わせてくれますか?あなたの速度でいいんです。決して急ぐことの無いように。

yujiさん...私が「サブカル」にお邪魔した期間は10年の月日を思えばホントに短い間でした。自分勝手な言動も多々ある中、受け入れてくれてありがとうございました。
暫し羽を休めて、また羽ばたいてください。その時はまたお話し出来ることを楽しみにしてます。
Posted at 2015.10.12 (13:35) by 黒猫子猫 (URL) | [編集]
黒猫子猫さん
確かに「みんなのうた」で流れていそうな曲ですね。そして「同じ証」と言う歌詞はとても印象的です。「カルアミルク」の「勲章」もそうですが言葉のチョイスというか選別が面白いです。

短い歌詞ですが短編小説のような世界観が広がってますね。

切なさ悲しさを知っている人の方が優しく…どこかで聞いたことがあるような気がします。いい言葉ですねぇ。
Posted at 2015.10.25 (13:17) by yuji (URL) | [編集]
黒猫子猫さん
エチケット以降一番好きな曲が「彼氏になって優しくなって」でしょ?だから最後にとっておいたんですよ。黒猫子猫さんのためにね(フッ。

この曲は本当に岡村靖幸にしか作れない、生み出せない曲だと思います。特にリズムなんか凄いなぁと聴く度に思います。

僕が好きな歌詞は「絶対常識の範囲内」の前の「上手に生きようぜ」ですかね。岡村靖幸だからこそのえげつないほどの強烈な説得力を感じます。

10年ブログを続けました。多くの人からコメントを頂きましたが黒猫子猫さんがおそらく一番コメント数(文字数も)が多かったですよ。ありがとうございました。もし再開することがあれば・・・その時はよろしくです。
Posted at 2015.10.25 (13:35) by yuji (URL) | [編集]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析