FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1グランプリ2008の感想

もはや年末の風物詩、『M-1グランプリ2008』の感想を。何気に「M-1」をリアルタイムで見るのは初めてだったりする。毎年見逃してたんだよな。やっぱり生放送は緊張感が違うな。

今年の優勝は「ノンスタイル」。去年の「サンドウィッチマン」と同様に無名コンビの優勝だ。ただ大阪ではレギュラーを多数抱えている人気者らしく、審査員の島田やら上沼やらとは親しい間柄のようだった。関西では既にお馴染みのコンビなのだろう。しかも吉本芸人。…今思えば、ファーストラウンド終わりに、上沼、島田らと親しげに会話をしていた時点でノンスタイルの優勝は実質的に内定してたような気がする。2年連続で吉本芸人が優勝を逃すなんてことはあってはならないもの。関西ではM-1の視聴率が異様に高く関心度も高いらしいし。「関西では有名だが東京に進出してまだパっとしないノンスタイルがM-1で優勝」となれば吉本と関西圏の人間は大盛り上がりだろう。もちろん漫才の時の客の笑いの量も多かったし、ノンスタイルの優勝は妥当な結果だろう。優勝が決定した時のボケ(白い方)の号泣具合には若干引いたが、きっといい人なんだろうね。来年は東京でもレギュラー番組が増えればいいですねぇ。

以下ノンスタイル以外の漫才の感想を簡単に、

●オードリー
去年のサンドウィッチマンの再来とばかりに敗者復活からのし上がりファーストラウンドトップの得点を叩き出したオードリー。見事だった。勢いが凄かった。漫才では致命的な「噛む」という失敗を笑いに変えた時は、もはや無敵状態だった。優勝は逃したが十分でしょ。来年は仕事が増えるはず。

●ナイツ
個人的に注目していたナイツ。一番笑わせてもらった。マイペースに量産されていくボケと的確に処理していく秀逸なツッコミは名人芸だ。「メガネネタ」を2回目の漫才でつなげるのは上手かったなぁ。司会の今田も言っていたがファイナルに行くことを前提としていたんだな。面白かったけど、まあ、でもM-1王者って感じではないかも。今回優勝を逃したとなると、笑い飯のようにこの先かなりキツいかもしれない。

●笑い飯
無冠の王者・笑い飯。今回もダメだった。M-1の魔物は笑い飯に目をつけているようだ。いわゆるいつもの“笑い飯スタイル”から少しマイナーチェンジされていて面白かったのだが…。このネタでダメだったらもう無理なのではないだろうか。そろそろ芸歴も10年になるのではないか。清原のように無冠のまま終わるのだろうか。

●U字工事
お風呂に入っていたため、見れなかった。動画サイトで見れたら後から書こう。

●ダイアン
ボケの人はいつもああいう顔なのだろうか。凄く緊張しているように見えたなぁ。あんまりネタは覚えていない。

●モンスターエンジン
これもどんなネタだったか殆ど覚えていない。トイレの鏡でエイリアンの練習ってのには笑ったがあれは今田か。

●キングコング
まさかの8位。ザ・パンチの次に悪い得点ということは実質的には最下位。どうしたんだろうね。全体的にぎこちなかった。それに西野の目が怖かった。会場の空気もズッシリと重かったように感じた。この結果について、西野はブログにどんな気障な文章を綴るのだろう。

●ザ・パンチ
なぜ決勝まで勝ちあがれたんだ?と思わせる出来だった。「普段はもっと面白いんですけどねぇ」みたいなフォローがあったが普段からあの程度だよね。もともと、あのボケとあのツッコミのフォーマットからはそれほど大きな爆笑は期待できないと思う。

母恋ひの記

13日土曜日に放送されたNHK時代劇スペシャル『母恋ひの記』の感想を。

普段は全くテレビドラマを見ないのだが、昨日放送された『母恋ひの記』の原作は、僕の好きな作家の一人である谷崎潤一郎の中篇小説「少将滋幹の母」。これは見ないわけにはいかない。谷崎の代表作といえば長編小説の「細雪」だ。過去に何度もテレビドラマ化、映画化、舞台化され、その美しくも儚く壮観な物語は名作とされている。しかし谷崎の真骨頂といえばカオスを喉に詰め込んだような変態物語だ。「痴人の愛」「卍」などのカオス作品こそ谷崎潤一郎の味が出ている。谷崎作品を形容する時によく使われる言葉として「妖艶」やら「耽美主義」やらがあるが、個人的に思うに妖艶というよりは単に「エロス」なのであり、耽美主義の『美』の部分は病理的に激しく倒錯している。『母恋ひの記』の原作である「少将滋幹の母」は間違いなく「細雪」側の作品ではなく「卍」側の作品である。

話の大筋は――80歳の老人(大滝秀治)が50歳も年下の美女(黒木瞳)と結婚し幸せな日々を送っている所からはじまる。ある日、大滝秀治は時の権力者・時平の陰謀により、自分の妻を引き出物として上納せざるを得ない状況に追い込まれる。酒の席での酔った勢いもあり大滝秀治は、泣き叫び嫌がる黒木瞳の腕を引っ張り、時平にプレゼントする。その4~5年後に大滝は亡くなる。ここまでがプロローグ。話の本筋は大滝と黒木の間に生まれた子供・滋幹(劇団ひとり)が母と再開するために生きる紆余曲折の人生を40年という長い月日を背景に描いたものだ。

時代は平安時代が舞台なのだが、上記のストーリーを見れば一目瞭然なように、平安時代である必要性が全くない。幼い頃に生き別れになった母親を子供が生涯にわたって探す話…現代でも充分描ける(バラ珍)。故に「NHK時代劇スペシャル」となっているが、言葉遣いや格好や舞台セットなどが時代劇風なだけで話の内容はいつの時代でも問題のない普遍的なものだった。

冒頭に大滝秀治と黒木瞳の幸せな結婚生活を描くためにベッドシーン(布団か)のようなものがあるのだがこれが衝撃だった。「ワシみたいな老いぼれが夫で幸せか」「幸せですとも」みたいな会話をしながら大滝秀治が黒木の両肩に手を置くのだが、徐々に大滝の右手が黒木の肩から胸にスライドしているのだ。このスライドの仕方が絶妙に曖昧にナチュラルだった。しかし胸にスライドしたものの大滝の手は硬直したかのようにずっとパーのまま。揉まないのかよ…みたいな。逆に不自然だったな。

酒の席で最愛の妻を時平に渡さなければいけなくなり発狂するシーンのカオス感も秀逸だった。大滝秀治の悲壮感溢れる顔は凄い迫力だった。風がビュービューと吹いていたり雷が鳴っていたりする演出は、いかにも文学作品の映像化といった趣が出ていて良かった。

母と再会するべく頑張る滋幹(劇団ひとり)も、いい感じに発狂していた。何度か会う機会が与えられているのに異父弟が「あなたは母を美女だと思っているかもしれないが今は違う。疱瘡(顔がブツブツになる伝染病)にかかりヒドイありさまだ」と言われ、滋幹は会うのをやめてしまうのだ。本当は疱瘡なんてのは異父弟による嘘で実際は今でも綺麗なままなのだが…。滋幹は母に対しマザコン以上の感情…いわばエディプス・コンプレックスくらいのドロドロとした感情を抱いているのだろうか。それとも幼くして母と別れたため自分の中で母が神格化されたのだろうか。いずれにせよ「母の顔が醜くなった」という嘘情報を耳にしたがために会うのを止めてしまう。そして狂う。挙句の果てには暗がりの部屋で発狂しケタケタ笑ってる(嗚呼、谷崎っぽい)。

最後はなぜか山篭りして修行し(リョウガか)、身を清めた後で推定60歳の母に会いに行く。しかしちょうど十日前に亡くなったとことを知る(「天の夕顔」のオチと被っているような)。絶望する劇団ひとりを映しながら物語りは終了。なかなか面白かった。劇団ひとりの演技も良かったし(滝にうたれるシーンはコントっぽかったけど)。NHKだから途中でCMがないのも良い。時間も9時から始まって10時15分には終了。ほどよい長さだ。2008年に見たドラマは「めぞん一刻」と「母恋ひの記」の二つなわけだが、「めぞん一刻」の10倍は面白かった。

Rain Talk

最近のアメトークの感想を。

●エヴァ芸人
僕は別にエヴァンゲリオンのファンではないけど、アメトークで取り上げるとなると否が応でも注目してしまう。アメトークの神回といえば、ジョジョ芸人やガンダム芸人や越中芸人あたりが挙がると思うが、別に視聴者はジョジョやガンダムや越中に特に興味があるわけじゃない。その対象の熱狂的なファン(芸人)がマニアックに熱弁するところに面白みがあるのだ。そういう意味ではエヴァンゲリオンのファンは良い。客観的に見てジョジョ、ガンダム並に偏執的でディープなファンがうじゃうじゃいそうなイメージがあるから。
案の定、エヴァを語る芸人はみんな熱かった。特にオリエンタルラジオの中田は良かった。完全にお客さん引いてたな。綾波レイの声だけ集め編集したMDを毎日登校時に聴いていたというエピソードは普通にキモかったし(それにしても綾波レイのファンってたくさんいるけど、どこがいいのだろう。さっぱり分からない)。
中田以外には、エヴァと林原めぐみのファンだと公言している加藤夏希が唯一の女性ゲストとして登場していた。個人的には中川翔子の方が嬉しかったのだけど、でも、マニアック度で言ったら加藤夏希の方が一枚上手っぽいのでしょうがないか。他には、くりぃむの有田やアンガールズの山根なんかも出ていたが正直印象は薄い。
後半は、エヴァンゲリオンの終わり方の不可解な点について語っていた。ラスト2話のシュールで抽象的で難解なあの乱暴な終わり方に視聴者の殆どはクエッションマークとフラストレーションを抱き、さらに続編の映画でも同様に「賛否両論の否が殆ど」という結果になった、という経緯を語る際のエヴァ芸人の皆さんの表情が半笑いだったのが一番面白かったような気がする。
最後はエヴァ本編の難解なラスト「ありがとう」の描写を、エヴァについて何も知らない蛍原に対して無理やり再現するという終わり方。ホトちゃんのきょとんとした顔がグッドだった。

●サンミュージック芸人
今週のアメトークはサンミュージック芸人。サンミュージックといえば今最も勢いのあるお笑い事務所である。去年ブレイクした小島よしお、最近レッドカーペットなどで見かける髭男爵、そして本ブログでは去年の暮れから地味に注目していた鳥居みゆきなんかが所属している。一昔前にブレイクしたダンディ坂野やヒロシもサンミュージックだ。この事務所に所属している芸人の共通点は、ずばり「キャラ芸人」だ。…あるいは一発屋。
この濃いメンバーのなかでもさらに一際濃いのはやはり鳥居みゆきだ。今回もやはり浮いていたな。相変らず危ないよなぁー。精神病棟とかに居そうだもん。最後、蛍原と鳥居みゆきを密室で二人っきりにさせ、蛍原が壊れたところが一番の見所だった。

80年代のミュージシャン

昨日の「SmaSTATION!!」の特集は「名曲揃い日本の80年代ロック&ニューミュージック超人気ベスト20!」だった。2月のはじめに同番組で特集され、このブログでもネタにした「80年代洋楽ベスト30」の邦楽バージョンである。きっと前回の「洋楽ベスト30」が好評だったのだろう。前も書いたと思うけどスマステとアメトーークは、ツボを突いた秀逸な企画が多い(先日放送された「エヴァ芸人」も相当面白かった。感想書かないとな)。

今回の「80年代邦楽ベスト20」も面白かった。この手の企画は大好きだ。というか、中川翔子じゃないけど80年代が好きだ。80年代って他の年代と比べて明らかに浮いている。そして、何もかもが濃い。濃くて派手で垢抜けていない(それってかなり悪趣味?)。あらゆる面において洗練されておらず、ダサい(特にファッション面はヒドイ)。でも、そのダサさに惹かれる。最近はカジュアルな服装で、小奇麗にまとまった凡庸な曲を歌うミュージシャンが多すぎる。2000年代の一様に洗練されたミュージシャンよりも80年代のミュージシャンに強く惹かれる。80年代のミュージシャンは、まるで“クサヤ”のような中毒性を持つミュージシャンが実に多い。

ということで、今日の記事は、スマステで発表された「80年代邦楽ベスト20」のランキングについて――納得いかない点が所々あったので――以下あーだこーだ書いていこうと思う。

まずはじめに、ランキングの基準がわからない。売り上げなのか知名度なのか現在の音楽シーンへの影響力なのか、あるいは、番組ホームページで募集したのか、よくわからない。まあ、どんな基準のもとに作られたランキングであろうと、岡村靖幸が入ってないのはおかしいだろ!80年代といえば岡村ちゃんではないか。80年代に青春を送った今の30代にとって岡村靖幸は誰もが認めるアイドルではないか。なんで入ってないんだろう?………なんて言ってみたりして。そりゃ、スルーされて当然だよな。

岡村ちゃんはランキング外だったけど、親友の尾崎豊は9位。もう一人の親友吉川晃司は小林克也セレクトに入選。曲をたくさん提供している渡辺美里は5位。同じく渡辺美里に岡村ちゃんと共に曲を提供していた小室哲也率いるTMネットワークもランクインしてた。岡村靖幸がテレホンショッキングに出演した時に友達として電話をかけた杏子率いるバービーボーイズは20位。

岡村ちゃんの、いわば同志たちは次々にランクインしているのに…。少し寂しいものがある。それにしても、80年代におけるエピックソニーの勢いは凄まじい。ランクインはしなかったけど他にも80年代に活躍したエピック所属で岡村ちゃんと交流のあったミュージシャンは、大江千里、安藤秀樹、松岡英明、鈴木雅之などなど、たくさんいる。そんなエピック勢のなかにおいてさえ、一際異彩を放っていたのが岡村靖幸なのに…もったいないなぁ。

「80年代邦楽ベスト20」の1位は、なんとボウイだった。ボウイが1位ってのは80年代に青春を送った人からすると納得のいくランキングなのだろうか。よく知らないんだよな、ボウイって。1位は松田聖子かチェッカーズかマッチ辺りだと予想していただけに意外だった。松田聖子とマッチなんてランク外だったし。別にボウイが1位でも構わないのだけど、ボウイが1位だったのに対して、XJAPANがランキング外の小林克也セレクトだったのは解せない。XJAPANはデビューが89年であり、80年代という括りのランキングに不向きなのはわかる。しかし、Xはインディーズの頃から有名だった。86~88年頃から「元気が出るテレビ」に出演し、そこそこ知名度はあった。そしてデビュー直後に「紅」がスマッシュヒットし一躍注目された。ランクインしても決して不自然ではないと思うのだが。

まあ、でも、89年デビューってのは微妙だな。仮に「90年代邦楽ベスト20」だったとしてもXJAPANは上位にランクインしなかっただろう。90年代といえばやはり95~98年辺りが最高潮だろう。小室系とビーイング系。そしてシャ乱Qやらスピッツやらミスチルやらウルフルズやらイエモンやらのバンド系が、THE90年代だろう。XJAPANは90年代においてもシーンの盛り上がりとズレている。振り返ってみれば、Xは不幸だ。シーンの並に上手い具合に乗っかれば、Xはもっと売れてたよな。もったいない。

その点、尾崎豊は良い。デビューが83年。「卒業」がヒットしブレイクしたのが85年。まさに80年代のど真ん中で活躍したミュージシャンだ。スマステのラテ欄には尾崎の名前も目立つポジションに配されていたので、きっと尾崎は上位なんだろうなと思っていたが、結果は9位。これも微妙である。もっと上じゃないか?

尾崎がランクインした時に流れた映像は、BIRHツアーのアンコールで歌った「15の夜」と「卒業」。そして「I LOVE YOU」のPVの3曲だった。尾崎豊の映像が流れると香取は「なんだこのパワー。この引き込まれる感じ」と言い、ゲストの友近は「ちょっと、正座してもいいですか」と言い、小林克也は「生き方そのものが音楽でした」とコメントした。なんか妙に丁重な扱いだった。やっぱりカリスマだ。

総括すると、あーだこーだ書いてきたが―――個人的な好き嫌いを差し引けば―――それほど不自然なランキングではなかったと思う。順位については基準が不透明なため、すっきりしない点があるものの、20という限られた枠のなかに、80年代を代表する主要なミュージシャンの殆どがフォローされていたのは見事。なかなか見応えがあった。スマステには、ぜひこのシリーズを続けて欲しいものだ。あっ、でも、このシリーズは80年代だから面白いのかもしれないけど。

出身地別

先週のミュージックステーションSPでやっていた出身地別アーティストについて。Mステといえば、毎回スペシャルで「春うた」やら「あげうた」やら「泣きうた」やらを適当にでっち上げ、過去の膨大な映像のなかから適宜にチョイスし、垂れ流すというコストパフォーマンス抜群な企画をやっている。これ、明らかに手抜きなんだけど、毎回見てしまう。ワイプに映るゲストのミュージシャンの表情とかも含めて面白い。流れる映像とワイプに映るゲストの間には何かしらの関係性や共通性があったりするので飽きない作りになっているのも憎い。例えば、KANの「愛は勝つ」が流れている時にはKANファンのアイコが映っていたり、尾崎豊の映像の時には、影響を受けたであろうYUIが映っていたりする。逆に全く関係性のない人が映る場合もあるが、それはそれで面白い。例えば椎名林檎の初登場シーンが流れている時に、浜崎あゆみがワイプで抜かれたりとか、XJAPANの映像の時にビーズが映っていたり、全く接点が無くても興味深い。「どんな顔して見てるんだろ」みたいな。

そんな風になんだかんだで毎回見てしまうMステSPだが、今回は出身地別アーティストの初登場シーン特集だった。非常に安易且つゆるい企画だ。出身地に対する愛着は誰しもが少なからず抱いているものだから、そこを上手く突き、もっと練りこんでいけば面白くなる素地のある企画だとは思う。しかし結果的にはゆるゆるだった。まず、それぞれメンバー同士で出身地が異なるユニットやバンドはボーカルの出身地で強引にまとめるというのはどうなんだろうか。両方ともボーカルのタッキー&翼はタッキーの出身地でまとめていたが翼が可愛そうじゃないか。全国の都道府県別に順々に紹介していたのに、岩手、新潟、富山、石川、福井、香川、鳥取、島根はスルーというのもいかがなものか。そもそもミュージシャンが居ない県が存在するのなら、企画自体が不成立なのではないか。

逆にスルーされなかった県でも、青森:泉谷しげる、山形:テツトモ、秋田:柳葉敏郎とか逆に悲しい。東北出身のミュージシャンは実質的には殆ど居ないのも同然じゃないか。東北の全滅ぶりは哀しいものがあったな。ミュージシャンに限らず、東北って芸能人が異様に少ない土地柄だ。その代わり文学作家が多い。やっぱり、あーいう閉鎖的で土着的な土地に住んでいると、堅苦しくなってしまうのかね。生まれてすいません、みたいな。東北出身のミュージシャンは壊滅的だがさらに北に向かい海を越えた北海道にはたくさんミュージシャンがいる。Mステで紹介されていたのはグレイ、ジュディマリ、ドリカム、JAYWALK、大泉洋などなど。Mステには出演していないので登場しなかったが、中島みゆきや安全地帯などもいる。また演歌系では北島三郎、細川たかしを筆頭にたくさんいる。

これと同じ現象は福岡でも起きている。鳥取、島根、山口など中国地方および四国出身のミュージシャンは東北並みに少ないが、さらに西に向かい海を超えた福岡にはたくさんいる。井上陽水、浜崎あゆみ、YUI、草野マサムネ、KAN、その他多数。北海道と福岡は、大都会東京から遥かに離れたTHE地方なのに局地的にミュージシャンが多い。海を挟み、本州からの流れを断ち切ることで、北海道と福岡には、独自の文化が形成され、その結果として多くのミュージシャンが誕生しているのかもしれない。…なんだ、この雑なまとめは!
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
06 08
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析