スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラブメッセージ」「ヘアー」 全曲解説

2015年9月2日にリリースされた岡村靖幸の新曲「ラブメッセージ」。当初はAMAZONで購入しようと考えていたのだがズルズルと時は流れてしまい、本日(9月12日)AMAZONで「ラブメッセージ」をポチろうとしたらお届けまでに7~10日かかるとのこと。なのでわざわざタワレコまで行って購入してきた。

アリオ札幌のタワレコには特設コーナーはなかったけどちゃんと新譜のコーナーに平置き(っていうのだろうかジャケ写が見える形で)で4枚ほど陳列されていた。

荒々しい書体で書かれたラブメッセージ(オレンジだからいいものの赤だったらラブメッセージならぬダイイングメッセージだよ)。そして憎たらしい表情の岡村ちゃんが何か言いたげにこちらを見ている。改めてインパクト大なジャケットだ。

ふと思う。岡村靖幸を知らない人がこのジャケットを見たらどう思うのだろう?まず狙ってやっているのかがわからないだろうな。例えば森山直太郎が今回のラブメッセージのジャケットのようにまるで80年代のアイドルかのように石柱に寄りかかりカメラ目線で感情の読めない表情をしていたら、それは、まあ、理解できるし面白く感じられる。なぜならそこには森山直太郎なりの“狙い”が読み取れるから。オモシロでやっているんだなということがわかるから。

でも岡村靖幸を知らない人がこのジャケットを見たら頭にハテナしか浮かばないだろう。何なんだろうこの人?って感じだろう。ま、しかし岡村靖幸を知っている我々からしてもラブメッセージの岡村ちゃんの表情が狙っているのか本気なのか真意はわからないのだけれども。

それにしても前作の「彼氏になって優しくなって」のジャケもそうだけど岡村靖幸本人の写真がドーンと登場しているCDが買えるっていうのはつくづく幸せなことだ。この傾向はこれからも続けばいいなー。

では、以下「ラブメッセージ」「ヘアー」の感想を。

ラブメッセージ★★★★★
映画「みんな!エスパーだよ!」の主題歌。楽曲自体も映画の主題歌としてのオファーを受けて制作した曲とのことなのできっと岡村靖幸自身が「みんな!エスパーだよ!」の内容や世界観を踏まえた上で作った曲なのだろう。「みんな!エスパーだよ!」がどんな映画なのかわからないけどYOUTUBEで予告編を見る限り、青春、冴えない男、童貞、パンチラ、女の子だいすき的な映画のようなので、いつものというか往年の岡村ちゃんの世界観と似たり寄ったりなので岡村ちゃんも割といつもの感じで制作できたのではないかと思う。

曲調は爽やかで新鮮。岡村ちゃんは、過去にいろいろあったわけだけど、10代の頃の甘酸っぱい青春や女の子に対する純粋な性欲や青空の下で食べるソフトクリームの味や部活終わりの暗い校舎や4時限目の倫社の時間に食べる早弁のスリルと美味しさや…つまりは岡村靖幸の体内に貯水されている青春にまつわる“水”は今でも驚くほど清らかに澄みきっており濁りがないのだろう。悲しいくらい綺麗に保たれておりリアルでは絶滅した魚がバリバリ生息しちゃってるのだろう。

いい年していつまでも青春ソングってどうなの?と批判的に感じる方は、もしかしたらベイベのなかにも居るのかもしれないが、50代に突入した岡村靖幸がここまでまっすぐキラキラした青春ソングを作って歌って(きっとライブでは汗まみれでデンスしながらこの歌を歌うわけでしょ)聴き手一人一人にそれぞれの青春を想起させてくれて…こんな素晴らしいことってない。岡村靖幸は一生青春を歌っていいのだ。

歌詞に関してはもう100点としか言いようがない。「岡村靖幸は歌詞が書けない」とよく言われるがそれは結局書くべき、あるいは歌うべき主題が明確ではないから書けないのであって、歌詞を書くスキル自体はあるのだ。今回みたいに青春物の映画の主題歌を書いてくださいということであれば素晴らしい歌詞がすらすらと書けてしまうのだ。今あなたの手元にラブメッセージの歌詞カードがあるのならぜひ手に取って読んでほしい。冒頭の「OhBaby イメージしたいよ はにかむ君の笑顔」からはじまって最後の「ユー ニード ミー」まで最初のフレーズから最後のフレーズまで秀逸すぎる水水しい歌詞ではないか。

80年代なら「あのロン」、90年代は「チャームポイント」、2000年代は「ミラクルジャンプ」。そして岡村靖幸の10年代の代表的青春ソングの一つが「ラブメッセージ」。ぜひ20年代、30年代あわよくば40年代にも岡村ちゃんの青春ソングを聴きたいものだ。頼むよ、岡村ちゃん!

ヘアー★★★★
矢代亜紀は演歌、AKBはアイドルソング、吉田拓郎はフォークソング、水木一郎はアニメソング、矢沢永吉はロック。では、岡村靖幸は?と問われればやはりファンクであろう。キャッチーなポップソングもたくさんあるがやはり根っこはプリンス、JB、スライ&ザファミリーストーン、マイケルジャクソン辺りを筆頭にしたファンクが岡村靖幸の中心に重厚に存在している。特に初期の頃はプリンスに傾倒しすぎの気配があり和製プリンスなどとも呼ばれていたが、近年はもっぱらジェームスブラウンのようだ。復帰後初のエチケットツアーでも「カモン」をJBテイストのサウンドにアレンジしていたし、今年に入ってからはJBの自伝映画にもコメントしている。

「ヘアー」はもう完全にJBの黒い(ホント純度100パーセントのどす黒)ファンクを岡村靖幸なりに昇華して作り上げたファンクネス。

イントロは唐突に大仰でマッシヴな畳み掛けるようなサウンド。そして次に「ヘアー」の楽曲の核となるキャッチーで挑戦的なJB風のベースのリフが続く。岡村靖幸リミックスの「爆弾こわい」にも似た荒々しい攻めを感じる。

正直シングルCDに収録されているインストには今まで全く興味がなかったが「ヘアー」に関してはインストもアリだと思った。ただのカラオケサウンドでは全然なく、ヴォーカルなしでも飽きることなく楽しんで聴いていられる。

ライブでは後半に「マシュマロハネムーン」→「セックス」→「ヘアー」→「ステップアップ↑」みたいな感じでヘアーを挟むと盛り上がりそうだ。

歌詞に関しては「ラブメッセージ」と比べると少々物足りなさを感じてしまう。なんだか「ミイミ」に収録されている歌詞みたい(軽蔑のイメージとか)であまり好きではない。でも「君のヘアーと戯れたいぜ」は往年の岡村ちゃんらしさ全開で良い。「君のパンツの中でバタフライをしたいよ」に匹敵する名フレーズ(いや・・・意味は同じか?)だ。

やはり「ラブメッセージ」で言うところの「青春」のように明確な主題がないとやや方向性が迷走しがちになり、やがてまるで無垢な子供のような好奇心でもって歌詞の語感遊びに執心してしまっているきらいがある(例:テディベアが立つ)。

とはいえ過去の岡村靖幸の全曲のなかでもトップクラスのファンク曲であり、岡村靖幸を語る上で外せない曲の一つにこれからなって行くことは自明の理だろう。

岡村靖幸の“かわいさ”について

女性が男性を褒めるときの言葉。ルックス面では「かっこいい」「イケメン」の2パターンが王道であり、性格面では「やさしい」「面白い」「頼りがいがある」等が筆頭に挙がる。そして、近年(といっても90年代後半くらいからだろうか)男性への褒め言葉として新たに加わった言葉が「かわいい」である。

正直、男性の立場からすると女性から「かわいい」と言われるのは少々複雑だ。馬鹿にされているような気がしないでもないし、だからといって嫌な気はしない…まあ嬉しいのだけれども、もろ手を挙げて素直には喜べない。

しかし、女性が男性のふとした仕草や行いを見て「かわいい」と感じるとき、そこに男性を馬鹿にするような気持ちは皆無であり全面的な好意に満ち溢れているのは確かなのだ(yuji調べ)。故に男性に対して「かわいいー」と女性が言う時それは冒頭に記したいくつかの褒め言葉と同等(場合によってはそれ以上)の褒め言葉として受け取っても構わないのだ。

これからの時代、男もかわいくならなければならない。では、かわいい男とは誰だろうか?考えてみよう。否、考えるまでもない。答えは一瞬にして出る。そう、岡村靖幸である。

というわけで、今回の記事では岡村靖幸の“かわいさ”について書く。
kawaii
岡村靖幸を知らない人からすれば、上の画像の男のどこがかわいいのか全くわからないだろう。要は見た目ではないのだ。もちろん見た目がかわいい男もいる。小池徹平さんなんかは男の僕が見てもかわいいと思う。しかし、岡村靖幸に小池徹平的な可愛らしさは微塵もない。そもそもガタイがデカイし顔も大きいし、いわゆる小動物的なかわいさは皆無だ。

では、岡村靖幸の一体どこがかいわいいのか。キーワードは“シャイ”と“不器用”だ。例えば岡村靖幸はライブでMCをしない。白石さんが饒舌なトークでベイベから爆笑を取っているとき岡村靖幸は端っこの方でポツンと座っている。本来であれば自分のライブなのだから自分でMCをすべきだ。でも岡村ちゃんには出来ない。神妙な面持ちでどこかしら不機嫌にも見えるような佇まいで岡村ちゃんはただ座っている。そんな不器用な岡村ちゃんを白石さんがイジる。キツネの人形を抱きしめさせたり、「電話だよ」と言わせたり、近くによって岡村ちゃんの顔にスポットライトを当てたり…etc。シャイで不器用な岡村ちゃんにとっては本当はやりたくないであろうことをベイベのために内心照れながらも受け入れ、健気にやってくれているところがかわいいのだ、と個人的には思う。

しかし、僕は男なので同性のしかも20歳程年上の50のおっさんに対して抱くかわいいという感情はたかが知れている。きっと女性ベイベは岡村靖幸のかわいらしさの機微をもっと知っているのだろう。「私が思う岡村靖幸のココがかわいいー」があればコメントまでどうぞ。

追記
岡村靖幸本人も自分の性格を“かわいらしい”と何かのインタビューで過去に話していた。つまりは「ラブメッセージ」のジャケ写も確信犯的なぶりっ子なんだよな。強かな男め。
burikko

2015-1965


今日は皆さんに言いたいことがあってですね。本日は2015年8月14日なわけですよ。2015-1965は数学的に50なわけでして。あのですね、もっと噛み砕いてぇ、わかりやすくぅ、具体的に言うとぉ

岡村ちゃん50歳のお誕生日おめでとう!!レッツギョ!!

あの岡村靖幸が50歳。僕が岡村靖幸のファンになったのは2004年頃からだから当時はまだ岡村靖幸はギリギリ30代だった。そんな岡村靖幸も今日から50歳。江戸時代だったら平均寿命を既に超えた年齢。平均寿命が70代後半の現代においても50代というのは人生の後半色が強くなる年代である。

スッバラシイ50代が送れますように!陰ながら祈っています。

あと、ひとつやっぱり記しておきたいことはドラッグについて。ここ数年の岡村靖幸の順風満帆な活躍はベイベにとって嬉しいことだけど、岡村靖幸が塀の中に居たころに熱烈なファンになった僕からすれば無理せず焦らずゆっくりとマイペースになるべくストレスを感じない健やかな環境で音楽活動をしてほしいなぁと思う。二度と塀の中に行ってはいけない。

順調な近年の岡村ちゃんに対してこんなことを書くのは水を差すようで申し訳ない気もするけど、絶対に軽視してはいけない部分なわけで、岡村靖幸の前科に対して臭いものに蓋をしてなかったことにするような姿勢ではいけない。汚名というかある種の十字架の重さを常に背中に感じながら岡村靖幸とベイベは共に行かなければいけないのだ。

いつまでも最高って聞かせて。

追記
岡村ちゃんが50歳ということは尾崎豊も今年で50歳。おめでとー。

岡村靖幸とSMAP

4月から新しい職場で働いている。もう4カ月弱経ったのでだいぶ慣れてきた今日この頃である。
新しい職場ではもちろん新しい出会いがあるわけで、お互いにどんな人間なのかを知るために様々な質問をぶつけあうことになる。「休みの日は何やってるの?」「スポーツは何かやっているの?」「前職ではどんな仕事をしていたの?」「彼女はいるの?」「お酒は飲めるの?」などが1軍的な質問だ。そして、2軍的な質問として「好きなアーティストは誰なの?」が登場する。

今の職場でもこの質問をされたのだが、僕は一瞬、躊躇し、困惑してしまった。だって、尾崎豊と答えれば「えっあの盗んだバイクで走りだしちゃう尾崎豊が好きなの?もしかして中二病なの?」とマイナスのイメージを抱かれ「あいつ尾崎豊が好きなんだってプププw」と陰口をたたかれるかもしれない。今が旬のBABYMETALと答えれば「あいつアイドル好きのロリコンだぜ」と言われるかもしれない。意外と慎重に答えなければならないキラークエッションなのだ。

「好きなアーティストは誰なの?」の質問に対しての僕の返答は以下である

僕「岡村靖幸です」
「岡村靖幸?だれ?」
僕「知りませんか?」
「知らないなぁ。どんなジャンルの人なの?」
僕「ファンクです」
「ファンクかぁ……よくわかんないなぁ」
僕「そうですかぁ…、最近スマスマにも出てましたけどねぇ」

「スマスマにも出てましたけどねぇ」と何気なくサラッと言った時の僕のドヤ顔を皆さん想像していただきたい!「世界ドヤ顔選手権」があったとしたら9.9の超絶ドヤ顔を決めて金メダルを獲得したであろう僕のドヤ顔を、どうか皆さんに想像していただきたいのだ!

話は少し逸れるが…昔、XJAPANのhideは紅白歌合戦にXの初出場が決定した際、インタビューでこう話した。「俺は別に紅白に出ても出なくてもどっちでもいいんだけど、ファンの子のために出なくちゃって思ったんすよ。だって紅白に出ればXは市民権を得られるから」と。当時ド派手なメイクで世間から色眼鏡で見られていたXが権威のあるNHKの紅白歌合戦に出場すれば老若男女から一定の評価を得られるとhideは考えたのだろう。

岡村靖幸が国民的アイドルグループSMAPの番組に出演したという事実はベイベにとってとてつもなく大きい。上記のhideのように「市民権を獲得した」とまでは言えないにしても、なんだろう…ベイベとしてのある種の後ろめたさは払拭されたのではないだろうか(後ろめたさなんて元々ねーよという人が居たらごめんなさい)。

というわけで今回の記事では岡村靖幸のスマスマ出演について書く。


スマスマの動画なのになぜか削除されない不思議動画

冒頭の紹介で「独特な言葉とリズム。圧倒的なパフォーマンスでミュージシャンにもファンは多い。その音楽センスは天才的とも評される」と岡村靖幸を説明している。この紹介は大方正しいが間違いが一つある。皆さんお気づきだろうか?それは「音楽センスは天才的とも評される」の「天才的」の部分だ。「天才的」なのではなく「天才」なのだ。天才的な雰囲気を醸し出したニセモノが多い日本の音楽業界において岡村靖幸はホンモノの天才なのだ。「天才的」だなんて言葉は使ってほしくないのだ。

1曲目は岡村靖幸の代表曲といっても過言ではない名バラード「カルアミルク」。「カルアミルク」をスマップと一緒に岡村ちゃんが歌っている景色を見て我が子を想う母親のような気持ち(母性!)で僕は映像を見入る。まずは岡村ちゃんがAメロを歌う。マイクを両手にしっかりと握りしめ丁寧に歌い上げる。岡村ちゃんの歌唱からピリピリとした本気を感じる。特に「でなおせる」の部分の声のの厚みと艶に驚かされる。「でもこういった~」は香取さんが歌い「がんばってみぃるよ~」を岡村ちゃんとキムタクがデュエットしている。

・・・・・・・・・・・岡村靖幸と木村拓哉がデュエット。これは凄いことなのです。「LIVE家庭教師91」の岡村靖幸と木村拓哉は顔が似ているという記事を昔書いたようにまず顔が似ている。そしてナルシスティックな部分も似ている。木村拓哉をMステなどで拝見するたびに僕は岡村靖幸と同じ流派のナルシスト(最近は“ナルシシスト”なの?)に思えてならないのだ。同じナル師範から教えを乞うたナル兄弟弟子。それが岡村ちゃんとキムタクなのだ。

音楽番組で歌手同士がデュエットをするとき、お互いが顔を向けて目を見つめあって意思の疎通を計りながら歌うというシチュエーションがある。岡村ちゃんもそれがやりたかったのか、動画の1:3秒で急にキムタクの方にガバっと顔を(デカイ顔を)向け1:4秒の「スポーツマンみたいに♪」をキムタクと見つめあいながら歌っている。

しかし注目すべきはガバっとキムタクに顔を向ける1秒前なのだ。1:2秒の岡村ちゃんの目に注目していただきたい。目玉だけぎょろっと動かしキムタクの様子を伺っているのだ。まるで車線変更をする際にちらっとサイドミラーに目をやるかのごとくキムタクを見つめているのだ。キムタクの様子を横目で確認してからガバっとキムタクに顔を向ける岡村ちゃん。なんか可愛いわぁ(そしてキモいわぁ)。その後は吾郎ちゃんがソロで歌い、最後はユニゾンで歌いカルアミルクは終了。

2曲目は「彼氏になって優しくなって」。岡村ちゃんの周りをスマップが取り囲むようなフォーメーションでダンスをしている。最強の国民的アイドルグループスマップをバックダンサーに従え我らが岡村ちゃんは歌う。相変わらずマイクを持つ手と肩に力が入ったように見えるが歌声はバッチリ。

3曲目は「愛はおしゃれじゃない」。ポップで春らしい爽やかさに満ちた楽曲。「モテたいぜ君に」という歌詞はスマップとはちょっと似合わない気もするけどとても楽しいそうに歌っているスマップを見て自然と笑顔になってしまった。スマップが内輪のノリではしゃぎはじめ一人カメラの前にしゃがみ込む4:59秒~5:01秒の岡村ちゃんのボッチ感が切なくもあり笑える(中居さんのフォローが光ってたなぁ)。最後はまるでスマップの6人目のメンバーかのように横並びで歌う岡村ちゃん。なかなか決まっている。

スタジオトーク。27時間テレビの話題がメイン。いろいろとカットされている編集は仕方ないけどちょっと残念。でも、27時間テレビのスマップを熱弁する岡村ちゃんからは十分になんていうのだろう…異物感というか面白い人感が漂っていたので個人的には満足だ。

キムタクの「倉木麻衣さんちょっと負けてるよ」のあとの岡村ちゃんの右の口角だけをクイッっと上げたニヒルな表情で記念すべき岡村靖幸のスマスマ出演は終了。

追記
しみじみと過去記事を読み返してみて思ったのだけど「岡村ちゃんと妄想Peach X'mas DATE 2013」がめっちゃ面白い。

十年は一昔

僕がまだ小学生の低学年だった頃「そういえば昔一度帯広に行ったよね」と言ったら母はまだ子供の僕が“昔”という言葉を使用したことが可笑しかったらしく笑っていた。まだ10歳にも満たない小さな子供の口から“昔”というワードが飛び出したことが面白かったらしい。

十年一昔という言葉がある。世の中の移り変わりはとても速いもので10年前の出来事はすっかり一昔になってしまうという意味だ。今から10年前といえば2005年だ。2005年の出来事や風景を思い返してみれば確かに遠い過去であり一昔という形容がしっくりとくる。

2005年。僕は21歳だった。まだ大学生でジャスコでアルバイトをしていた。同じ学部に3年間ずっと熱烈に片思いをしていた女性がいた。相手の女性も僕に気がありそうだしめっちゃ告白したかった。でもできなかった…。なぜか?それは簡単だ。勇気がなかったから。ウジウジとした気持ちを飼いならしながら岡村靖幸を聴いた。岡村靖幸は「どんなものでも君にかないやしない」と歌っていた。当時の僕は激しく共感した。

そんな2005年の10月9日に本ブログ「サブカルのすすめ」はスタートした。ブログを開設したきっかけは特にない。なんとなくだ。当時は眞鍋かをりや中川翔子などの影響でブログが流行しはじめたころだったので、なんとなく僕もはじめてみた。「サブカルのすすめ」というブログ名は考えに考えた末決めたものではなく恐らく30秒ほどで決定したものだったと思う。当時「爆笑問題のススメ」というテレビ番組があったのだがそれを真似たような気もするが記憶は定かではない。

本ブログの初期の頃は「この小説がおもしろい」とか「このカップ麺が美味しい」とか「あだち充先生最高」みたいな内容のブログだった。いわゆる普通のブログ。

ブログの方向性が変わったのは2008年からだ。2008年に岡村靖幸が再逮捕され、僕は心の底からショックを受けた。涙は出なかったけど本当に泣きそうだった。そして決めた。岡村靖幸が次にまた復活するまで(当時は復活できるのかも微妙だったけど)の間岡村靖幸に関するあらゆる記事を書いてブログにアップしまくろう、と。

それからというもの岡村靖幸についてとにかくたくさん書いた。こんなに岡村靖幸について書かれているブログは日本中探しても「サブカルのすすめ」以外にはないだろうというくらい書いた(あくまでも自負だが)。岡村靖幸の記事が増えるとともにベイベからのコメントも増えとても嬉しかった。本当に嬉しかった!

2010年に岡村靖幸が出所し、2011年に本格的に復活し、2012年に「エチケット+ツアーで」念願の初DATEに参加した。それ以降は皆様御存じの通り岡村靖幸は順調且つ堅調に立派に活躍している。

本来なら岡村靖幸の活躍を取りこぼすことなく本ブログにて逐一記事にしたいところなのだがここ2~3年それが全く出来ていない。理由はいろいろあるが一言で言えばやはり以前よりも“熱量”が減ってしまったからなのだろう。ブログの更新自体も年に数度しかできなくなっている。

というわけで、悩んだのですが2015年10月9日をもって本ブログ「サブカルのすすめ」は終了します。今までありがとうございました。

追記
10月9日までに「彼氏になって優しくなってのレビュー」と「スマスマ出演について(特にキムタクとの初対面について)」と「あの娘と、遅刻と、勉強との単行本について」と「祝50歳について」と「岡村靖幸の確信犯的ぶりっ子について」などを書かなければ。間に合うのか?
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析